韓国人男性の大腸がん発病率、アジア最高…世界4番目

韓国人男性の大腸がん発病率、アジア最高…世界4番目

2011年09月02日16時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界保健機関(WHO)傘下の国際がん研究所(IARC)が世界184カ国を対象に調査した大腸がん発病現況で、韓国人男性の大腸がん発病率はアジアで最も高く、世界でも4番目に高いことが分かった。

  調査の結果、08年基準の韓国男性の大腸がん発病率は10万人当たり46.92人だった。韓国より大腸がん発病率が高い国はスロバキア(60.62人)、ハンガリー(56.39人)、チェコ(54.39人)。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事