韓経:外国人の債券保有額125兆ウォン…過去最大を更新=韓国

韓経:外国人の債券保有額125兆ウォン…過去最大を更新=韓国

2019年09月10日09時34分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  外国人投資家の韓国債券保有額が125兆ウォン(約11兆円)を超え過去最大記録を更新した。

  金融監督院は9日、先月末基準で外国人の韓国上場債券保有額が125兆9030億ウォンに達し、6月の124兆5400億ウォンから2カ月ぶりに過去最大を塗り替えたと発表した。外国人投資家は2月から7カ月連続で買い越すなど積極的に韓国債券を買い入れている。7月には償還額が買い越し額を上回りやや停滞したが、いくらもたたずに再び純投資に転じた。

  世界的な景気低迷への懸念拡大で安定資産選好心理が強まり債券市場に強い買い傾向が流入している。欧州や日本など主要先進国の債券より金利が高い韓国債券が人気を得ているもの分析される。6日現在で韓国の10年物国債利回りは年1.381%で、マイナス金利であるドイツ、フランス、日本などの国債に比べ魅力的な投資対象という評価が出ている。

  金利下落傾向が続くだろうという見通しを受け外国人投資家の韓国債券買い傾向に火がついていると評価される。韓国の主要経済指標が悪化する中で米中貿易戦争、韓日対立まで悪影響を及ぼし景気見通しは悲観的に変わっている。

  好況の債券市場と違い株式市場では外国人資金が大規模に抜け出している。外国人投資家は8月に2兆3430億ウォン相当の韓国上場株式を売り越し3カ月ぶりに売り傾向に転じた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事