【社説】ポルシェを抜いた現代車と東芝を買収したSKに拍手を

【社説】ポルシェを抜いた現代車と東芝を買収したSKに拍手を

2017年06月23日09時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代自動車の高級ブランド「ジェネシス」がポルシェとメルセデスベンツを抜き「2017自動車初期品質調査(IQS)」で1位を占めた。総合順位でも起亜車が1位を占め、現代車も上位圏である6位に上った。この現代車グループ会社は総合順位でBMW・フォルクスワーゲン・日産・トヨタ・シボレーなど、日本・米国・ドイツの主要競争企業を次々とリードした。このような調査結果は米国の有力市場調査機関J.D.パワーが昨日まとめたもので、現代車グループの製品競争力を客観的に見せており鼓舞的だ。

  今回の新車品質調査は昨年11月から今年2月まで米国内で販売された新車を対象に購入後3カ月が過ぎた車両の顧客に233項目に対する品質満足度を調査し、100台当たり不満件数を示した結果だ。この調査で起亜車は昨年に続き、2年連続で総合順位の首位を守った。現代車は総合順位6位となったが、ジェネシスが高級ブランドのうち1位になる快挙を成し遂げたということに注目すべきだ。

  自動車の販売競争が激しい海外市場で競争するには高級車を多く販売する必要がある。高級車はまず、収益性が高いうえに一般車種もこの名声を踏まえて消費者を攻略することができるためだ。このようなことから、ジェネシスが伝統の名車を全部抜いたのは絶え間ない品質経営の成果で、中国市場で苦戦している現代車のブランド競争力向上にもつながる。部品2万個が集約される自動車は製造業の結晶体であることから、中小部品・素材企業数千社を必要とするということから完成車会社の競争力向上に拍手を送るべきだ。

  SKハイニックスが東芝の核心事業であるNAND型フラッシュメモリーの買収に成功したのも朗報だ。東芝は投資の失敗で会社が揺れると苦肉の策としてNAND型フラッシュメモリーを売りに出したが、技術流出を恐れてSKに売る可能性は低かった。だが、SKは韓日米の連合買収団を設けて日本政府と産業界の警戒心を解き、東芝のNAND型フラッシュメモリーの買収に成功した。これはSKとしては脆弱な部分を補完して韓国の半導体産業を追い上げている台湾・中国企業をリードしたということから国家産業戦略のレベルで意味が大きい。

  財閥を狙う“狙撃手”の役を買って出てきたキム・サンジョ公正取引委員長はきょう、4大グループと懇談会を開く。公正な市場秩序の構築のために呼びかけることがあれば呼びかけるべきだ。しかし、国家競争力と良質の雇用はこのようにグローバル競争力を持つ製造業から創り出されるという事実も見逃してはならない。韓国の自動車が海外の名車を抜き、半導体産業で戦略的投資に成功したのは結局、この大企業が雇用を守って産業競争力を高めた結果であるためだ。

  最近、サムスン電子が稼動し始めた世界最大平沢(ピョンテク)半導体団地は1000社に達する協力会社と商圏まで合わせて15万の雇用に影響を及ぼす。電気車バッテリー世界1位の競争力を備えたLG化学のフォルクスワーゲン大量供給説も競争力があるがゆえに聞こえているのだろう。中小企業の育成も重要だが、大企業の挑戦と革新は決してないがしろにすることができない価値だ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事