韓経:韓国初の小型航空会社売却へ…翼広げられない「空の上のタクシー」

韓経:韓国初の小型航空会社売却へ…翼広げられない「空の上のタクシー」

2018年03月12日10時50分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国で最も古い小型航空会社のコリアエクスプレスエアが収益性悪化に耐え切れず売りに出された。
  韓国で最も古い小型航空会社のコリアエクスプレスエアが収益性悪化に耐え切れず売りに出された。韓国の航空市場が大きくなり小型航空会社が雨後のたけのこのように生まれているが、供給過剰にともなう懸念の声は多い。

  10日の航空業界によると、コリアエクスプレスエアは航空事業進出を進めているA社に買収の意向を打診したという。売却金額は100億ウォン(約10億円)前後だ。コリアエクスプレスエアは2005年に運送事業を始めた韓国初の小型航空会社だ。この会社はブラジルのエンブラエル製の50人乗り小型航空機で襄陽(ヤンヤン)~釜山(プサン)、襄陽~済州(チェジュ)路線を運航している。利用料金は1人当たり片道基準として襄陽~釜山が9万4000ウォン、襄陽~済州が9万9000ウォン(週末11万4000ウォン)だ。

  コリアエクスプレスエアは「空の上のタクシー」を標榜して事業に参入した。既存の大手航空会社や格安航空会社(LCC)路線がない隙間市場を攻略するという戦略だった。だが利用客は予想と違い増えなかった。操縦士や乗務員らの人件費に耐えられなくなり、2015年にはしばらく運航を中断したりもした。コリアエクスプレスエアのノ・スンヨン会長は「日本の北九州など国際線にまで事業を拡大したが赤字を避けられなくなっている」と打ち明けた。

  蔚山(ウルサン)を拠点に数年にわたり就航を準備してきたユースカイ航空も設立者のイ・ドクヒョン前代表が昨年横領と詐欺容疑で逮捕され、結局翼を広げることができなくなった。イ前代表は2004年に韓国初のLCCである韓星(ハンソン)航空(現ティーウェイ航空)を設立した人物だ。業界関係者は「イ前代表がユースカイ航空を設立しスタッフまで採用した状態で免許取得に失敗し困難に陥ったものと理解する」と話した。ユースカイ航空は流通専門会社のザ・プライムに買収された後、昨年に船舶投資会社のゼニスホールディングスに再売却された。

  曲折の末に先月就航したエア浦項(ポハン)も序盤の成績表は良くない。浦項に基盤を置いたエア浦項はカナダのボンバルディア製の50人乗り航空機「CRJ-200」で浦項~金浦(キンポ)、浦項~済州路線を運航している。電子部品メーカーのトンファ電子が約300億ウォンを投資した会社だ。しかし当初計画よりエア浦項の運航証明(AOC)発行が遅れ投資家が大きな困難を経験したという。

  こうした状況だが小型航空機市場進出に向け準備中の企業は列を作っている。光州(クァンジュ)に本社を置く場外株式情報会社のフィリップアセットも航空会社エアフィリップを設立した。光州空港を拠点に釜山などに就航するという目標を立てた。韓国航空大学経営学部のホ・ウィヨン教授は「KTXなど既存の交通手段で埋められない地域に小型航空需要があるのは事実だが、事前準備なく無分別に参入すれば失敗するだろう」と話している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事