PD暴行説の主演女優コ・ヒョンジョン降板でドラマ『リターン』の今後は…?

PD暴行説の主演女優コ・ヒョンジョン降板でドラマ『リターン』の今後は…?

2018年02月09日09時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優コ・ヒョンジョン
  女優コ・ヒョンジョンがSBS(ソウル放送)水木ドラマ『リターン』から結局降板した。意見の相違で制作スタッフと対立していたが、5日、メイン演出者のチュ・ドンミンPDを足で蹴ったという話が表沙汰になって翌日のことだ。現場では女優がマイクを着用した状態で、大声と罵声が行き交う様子を多くの人が目撃していたという。

  一方、コ・ヒョンジョンの所属事務所IOK COMPANYは暴行説について否定している。IOK側は「度重なる意見の相違を埋められなかった」とし「誰の善悪を追求するよりは多くの人が一緒に作りあげていくドラマの特性上、ある人が問題ならば、作品のためにもその人が抜けることが当然だと考えてSBSの降板通知を受け入れる」との立場を表明した。SBSも「コ・ヒョンジョンさんと制作スタッフの間の葛藤があまり大きく、これ以上共同作業を続けていくことはできなくなった」とし「現在、チェ・ジャヘ役を演じる女優を探すなど、後続の対策を議論中」と明らかにした。

  その一方で、5日に衝突が起きた背景については明らかになっていない。2人のPDはともに取材申し入れに応じないでいる。

  実は、『リターン』をめぐる雑音は以前から聞かれていた。同名の日本ドラマの韓国版リメーク『女王の教室』に出演以降、コ・ヒョンジョンの5年ぶりの地上波復帰作として期待を集めていたが、大衆の関心やドラマの流れは違った。コ・ヒョンジョンが演じる弁護士チェ・ジャヘより犯罪を犯す上流層の子弟4人衆が注目を集めた。コ・ヒョンジョンは強力班刑事コンビのイ・ジヌク-キム・ドンヨンや共同弁護を引き受けたチョン・ウンチェよりも登場数が少ない回も数回あった。

  インターネットのコメントなどでは、放送当初からコ・ヒョンジョンに対する否定的な指摘が続いた。「太りすぎ」など、容貌の話も登場した。コ・ヒョンジョンは先月の制作発表会で、カメラマンに対して「私だけを撮って」と言う場面もあった。コ・ヒョンジョンらしくない演技力論争も起こった。ドラマ『善徳女王』などで見せたカリスマとは違い、焦点が定まらない視線、眠くなるような語り口が視聴者を戸惑わせた。ある大衆文化評論家は「やりたくないことを無理やりやっているような感じ」としながら「今後の展開のための伏線でないなら理解するのが難しいほど」とコメントした。

  デビュー29年目の女優がこのような反応を知らなかったとも考えられる。当初、コ・ヒョンジョンは新人作家の台本に格別な信頼を示し、撮影スタッフにロングダウンコート150着をプレゼントする意欲まで見せた。台本も第12話まで出ていた状態だった。あるドラマ関係者は「対決構図が深まり、後半に進むに連れて比重が大きくなるという事実は知っていたが、出番の少なさへの不満を何度も漏らしていた」とし「制作スタッフとの関係にひずみが生じ、撮影現場に遅く到着したり撮影途中で帰ってしまったりする場合もたびたびあった」と伝えた。

  SBS関係者は「すでに第15・16話分の撮影は終えており、14日の放送に支障はない」としながら「8日と15日は平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)の中継で当初から欠番が決まっていた」と明らかにした。

  昨年、MBC(文化放送)週末ドラマ『あなたはひどいです』の主演女優ク・ヘソンの降板は健康問題のためで、全50話のうち6話分のみに出演した状態だった。反面、『リターン』は全32話(プレミアム広告で一日2話放送、既存ドラマ全16話)のうち、現在は半分の撮影が終わった状態だ。主演女優の中途降板という初めての事態に先立ち、『リターン』は7日、自己最高視聴率17.4%(第14話、ニールセンコリア基準)を記録した。チェ・ジャヘ役の後任には女優パク・ジニらが候補に上がっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事