韓国映画『Burning』スティーヴン・ユァン-チョン・ジョンソ-ユ・アイン、仲良くカンヌ入り

韓国映画『Burning』スティーヴン・ユァン-チョン・ジョンソ-ユ・アイン、仲良くカンヌ入り

2018年05月17日07時47分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国系米国俳優のスティーヴン・ユァン、韓国女優チョン・ジョンソ、韓国俳優ユ・アインが16日午後(現地時間)、フランス・カンヌのパレ・デ・フェスティバルで開かれた第71回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)コンペティション部門に正式出品された『Burning』のレッドカーペットイベントに参加した。
  韓国系米国俳優のスティーヴン・ユァン、韓国女優チョン・ジョンソ、韓国俳優ユ・アインが16日午後(現地時間)、フランス・カンヌのパレ・デ・フェスティバルで開かれた第71回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)コンペティション部門に正式出品された『Burning』のレッドカーペットイベントに参加した。

  映画『Burning』は、流通会社のアルバイトをしているジョンス(ユ・アイン扮)が幼馴染のヘミ(チョン・ジョンソ扮)に会い、彼女から正体不明の男ベン(スティーヴン・ユァン扮)を紹介されて起こる物語を描いている。

  今年のカンヌ映画祭オープニング作は、アスガル・ファルハーディー監督の『Everybody Knows』で、実際にも夫婦のハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが出演して話題を集めた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事