<アジア大会>韓国女子サッカー、エース・池笑然も逃す?

<アジア大会>韓国女子サッカー、エース・池笑然も逃す?

2014年08月29日11時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  仁川(インチョン)アジア競技大会で金メダルを狙う女子サッカー代表チームに赤信号が灯った。エースの池笑然(チ・ソヨン、23、チェルシー・レディース)が決勝戦を控えて所属クラブに早期復帰することもありうる。

  関係者は28日、「池笑然が10月1日に開かれるアジア競技大会決勝戦の直前に英国に戻ることもありうる」と伝えた。チェルシー・レディースはイングランド女子スーパーリーグ(WSL)への試合準備のために池笑然の早期復帰を提案している。チェルシー・レディースは10月5日にエバートン・レディースと試合を行う。池笑然がアジア競技大会決勝戦までプレーして戻っても遅くないが、リーグ終盤の順位に影響を与えうる試合なので池笑然が早く復帰してコンディションを整えることを求めるような雰囲気だ。

  池笑然はチェルシー・レディースの看板だ。今年チェルシーに移籍した池笑然はリーグとカップ大会含む14試合で8ゴールを記録し、チームをリーグ1位(6勝2敗2引き分け、勝点20)に押し上げた。

  チェルシー・レディースは池笑然の国家代表選出があまりうれしくない。アジア競技大会は国際サッカー連盟(FIFA)の規定上ではAマッチではないためクラブが選手を送る義務がない。先月ロシアに進出したパク・ウンソン(28、ロシヤンカ)もこの規定によりアジア競技大会に参加しない方向となった。幸いチェルシー・レディースは9月22日から10月4日までリーグ試合のない間は池笑然の代表チーム合流を許した。池笑然はアジア競技大会準々決勝から決勝戦までプレーすると予想されている。ところが最近、池笑然が脂ののった攻撃力を見せるようになり状況が一変した。

  ユン・ドックヨ女代表チーム監督(53)も「笑然が抜ければ戦力低下も大きくなる。決勝戦までプレーできるよう所属チームと話し合う」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事