<フィギュア>韓国の「フィギュア王子」車俊煥、羽生に3.87点差で銀メダル

<フィギュア>韓国の「フィギュア王子」車俊煥、羽生に3.87点差で銀メダル

2018年09月24日12時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2018-2019シーズン初の国際大会であるオータムクラシックインターナショナルで銀メダルを獲得した韓国の車俊煥(左)。(写真提供=カナダスケート連盟SNS)
  韓国男子フィギュアスケートの「エース」車俊煥(チャ・ジュンファン、17)が今シーズン初めての国際大会で個人最高点を更新して銀メダルを獲得した。

  車俊煥は23日(日本時間)、カナダ・オンタリオ州オークビルのシックスティーンマイルスポーツコンプレックスで開かれた国際スケート競技連盟(ISU)チャレンジャーシリーズ「オータムクラシックインターナショナル2018」男子シングルフリー(FS)で技術点数(TES)87.62点、芸術点数(PCS)81.60点を合わせた計169.22点を獲得した。前日のショート(SP)での90.56点を加えて総点259.78点を獲得した車俊煥は2位をマークした。

  車俊煥は金メダルの羽生結弦(263.65点)から3.87点遅れとなった。羽生は2012年ソチ冬季オリンピック(五輪)、2016年平昌(ピョンチャン)五輪で優勝を果たし、2連覇に成功したフィギュア界の最高スターだ。

  車俊煥がISUシニア舞台でメダルを首にかけたのは今回が初めてだ。あわせて、車俊煥は前日行ったショート(90.56点)、フリー(169.22点)、総点(259.78点)のすべてで自己最高記録を更新した。車俊煥のこれまでの個人最高点数は2月の平昌五輪でマークした点数だった。当時の記録はショート83.43点、フリー165.16点、総点248.59点で、今大会の点数はすべてこれを上回った。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事