【グローバルアイ】われわれの中のトランプ=韓国

【グローバルアイ】われわれの中のトランプ=韓国

2018年11月23日15時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「母には留学生活に満足して第2の故郷のようだと話してきたが、今は外国人が通り過ぎることを見るだけでも恐ろしいです」。英国ロンドンの繁華街で10代に集団暴行にあった韓国人女性留学生Aさんは体より精神的な衝撃が大きいと話した。Aさんと同行していた友達も「大学のある都市でロンドンに行ってくるたびに何も起きなかったことがなかった。吊目の真似をしたり、後ろから理由もなくトントンと叩かれたりするなど、差別行為がとても多い」と吐露した。彼らは特にアジア人、その中でも反撃できない女性を狙った差別行為が多いと伝えた。

  被害にあった人々は海外で韓国人を代弁する機能が弱いと語った。黒人を対象にした差別犯罪が起きれば現地メディアが大きく報じるが、アジア人の事件は報じられない場合が多いということだ。このような事情をよく知っている英国の韓国人女性コミュニティが当局の徹底した捜査と再発防止のために暴行が発生した場所などでろうそく集会を開くことにした。集会を準備中である韓国同胞(海外在住韓国人)Bさんは「英国に唯一あった韓国人を助ける団体がボランティアと寄付がなくて消えなければならない現実」とし「韓国人が最も弱い立場になるしかないという気がする」と残念な気持ちを吐露した。彼は「黒人の人権、女性の人権も行動を通じて今の状況になった」として「子供たちがさらに安全に暮らすことができるように努力が必要だ」と話した。

  Brexit(ブレグジット、英国の欧州連合からの脱退)とトランプ米大統領の当選を筆頭に欧州で反移民の気流は強まっている。トランプ大統領が中米からの移民者行列を侵略と規定する間、英国では火災で移民者など72人が亡くなった高層賃貸マンションの模型を庭で燃やしながら楽しむ家族の姿が映像を通じて公開された。トランピズム(Trumpism)は得になれば秩序や体面などは物ともしない態度を広める。このような気流に乗って女性留学生が集団暴行されても携帯電話で撮影するだけで、助けない人が増えている。

  さらに、衝撃的なのはAさんの被害を伝えた韓国メディアの報道に対する反応だ。ポータルサイトの書き込みには被害女性を非難する内容も相当数だった。トランプがツイッターで直接的に他の国のトップを蔑視するように被害者に2次被害を与える毒舌があふれている。英国は脅威的や侮辱的な言葉、または掲示物で苦痛を感じさせれば、最長2年間の懲役刑に処する方法を1986年に制定した。表現の自由は他人の自由を侵害しない範囲内で保障するというこの法の趣旨は心のゴミを投げ込んだような韓国の書き込み文化に適用されてほしい。われわれの中のトランプを抑制できなければ、被害女性はいつ私たちの娘、私たちの妹になるか分からない。

  キム・ソンタク/ロンドン特派員
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事