北朝鮮の軍事パレードにICBM「火星15」登場…「核・火の海」発言はせず

北朝鮮の軍事パレードにICBM「火星15」登場…「核・火の海」発言はせず

2018年02月09日08時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が8日、平壌(ピョンヤン)金日成(キム・イルソン)広場で大規模な軍事パレードを開いた。平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を「平和的国際スポーツ行事」として開催するという念願で韓米当局が合同軍事演習を延期した趣旨が色あせた。金正恩委員長も行事の演説で「人民軍は高度な激動状態を維持し、戦う準備に拍車を加えなければいけない」と促した。

  建軍70周年を記念して開かれた軍事パレードは午前11時30分(平壌時間11時)に始まった。約1万3000人の兵力、各種装備・ミサイルのほか、数万人の住民まで動員したと、当局は把握している。これまでとは違って生中継はなかった。金正恩体制に入って国営テレビのほかユーチューブチャンネルまで利用して軍事パレードを生中継してきたパターンを変えたのだ。その代わり朝鮮中央テレビを通じて午後5時30分に録画実況で放送した。放送は1時間40分ほどで、昨年4月のパレードと比べると1時間ほど短い。しかし編集した可能性があり、実際の行事については具体的な分析が必要だというのが政府当局者の話だ。

  黒のコートに中折帽をかぶった金正恩(キム・ジョンウン)委員長は李雪主(イ・ソルジュ)夫人と共にリムジンに乗って軍事パレード場に現れ、貴賓用観覧席の「主席壇」の真ん中に移動した。北朝鮮は李雪主夫人を初めて「女史」と呼んだ。昨年11月に核武力の完成を宣言して以来、大衆の前に初めて登場した金正恩の表情にはやや緊張感が見られた。演説をする時は体を左右に揺らしたり両手で壇上をつかんだりしながら準備してきた原稿を広げて読み上げた。

  金正恩委員長は演説で「侵略者らが神聖なわが祖国の尊厳と自主権を0.001ミリたりとも侵害したり弄ばないようにする」と述べた。また「今日の軍事パレードは世界的な軍事強国に発展した強大な朝鮮民主主義人民共和国の位置づけを誇示することになるだろう」と主張した。「核」には言及せず、ソウルやワシントンを狙った「火の海」発言なども抜けた。

  この日、弾道ミサイル行列には昨年11月に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星15」など昨年開発に成功した新型ミサイル4種類を公開した。しかし新しいミサイル体系や核弾頭は登場しなかった。「国家核武力完成」公言にもかかわらず金正恩委員長が武器自慢をある程度自制したという評価が出ている。国家安保戦略研究院のイ・スソク研究委員は「核武力の完成を宣言した北の立場で、派手な軍事パレードで軍事力を誇示するのは実益が大きくないと判断したのだろう」とし「国際社会に正常国家であることを誇示し、柔軟なイメージを見せようという意図」と述べた。

  妹の金与正(キム・ヨジョン)氏が軍事パレード翌日の9日にソウルを訪問する点も考慮したとみられる。挑発的な発言をする場合、「歓迎されない客」になるという点を意識するしかなかったということだ。生中継をあきらめ、海外記者を呼ぶ計画を変更したのもこうした背景という解釈が出ている。軍事パレードの中継画面ではソウルに来る高官級代表団長の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長の姿が目を引いた。金与正党第1副部長も柱の後ろで兄・金正恩委員長の行事をサポートする姿が見られた。

  北朝鮮は先月23日、金日成主席が北朝鮮軍を正規軍とした1948年2月8日を「建軍節」とすると明らかにした。その間、建軍節として記念してきた4月25日は「朝鮮人民革命軍創建日」にするという説明だ。統一研究院のオ・ギョンソプ副研究委員は「北が対内用行事として軍事パレードを行ったのは、対北制裁と米国の軍事攻撃オプションという危機局面から抜け出そうという布石」と分析した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事