中国が北朝鮮の羅先経済特区に力を注ぐ理由(2)

中国が北朝鮮の羅先経済特区に力を注ぐ理由(2)

2011年01月07日10時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  羅先経済特区を対日本・東南アジア輸出入の窓口として活用するという意図が見える。中国の東北3省が利用できる港は現在、大連港・丹東港の2カ所にすぎない。しかし両港には物量があふれている。中国が代替港を羅先港に見いだした可能性が高い。

  特に吉林省と黒龍江省の場合、大連・丹東港よりも羅津港に近い。琿春-大連港は距離が1300キロだが、琿春-羅津港は93キロにすぎない。中国政府が羅先経済特区に力を注いできた理由だ。中国が東北3省の開発計画「長吉図(長春-吉林-図們)開発・開放先導区」事業に琿春-羅津港の高速道路建設を含めたのは、その延長線上にある。

  中国の対北朝鮮投資を北朝鮮急変事態と関連させる見方もある。北朝鮮の急変事態時、韓米日が東海に接近する可能性に備えるため、中国から羅先経済特区に関心を持ったという分析が出ている。旧ソ連が1980年代、羅津港を軍事基地として活用したのと同じ脈絡だ。当時、北朝鮮は中国の改革・開放と米中修交でソ連に安保を依存した。不凍港が必要だったソ連はこの機会を逃さず、対米けん制用として軍事基地を要求した。これと同じように、中国も北朝鮮の急変事態の際、主導権を握るために羅津港に進出していると考えられる。

  北朝鮮鉱物資源の先占を考慮した可能性もある。中国の対北朝鮮経済進出と北朝鮮の従属は、私たちに新たな課題を投げかけている。

中国が北朝鮮の羅先経済特区に力を注ぐ理由(1)

【ホットクリック】

・北朝鮮、金正恩後継への軍の反発防ぐため党規約を変更
・韓国だけが急拡散…口蹄疫ミステリー
・別れ別れの東方神起とJYJ、葛藤へと発展か
・中国が北朝鮮の羅先経済特区に力を注ぐ理由
・30メートル上空で50人が「恐怖の30分」…ロッテワールドで遊具故障
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事