海外メディア「韓国原発の安全性が勝負を分けた」

海外メディア「韓国原発の安全性が勝負を分けた」

2009年12月29日07時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国がフランス・日本・米国などを抑えてアラブ首長国連邦(UAE)の原子力発電所建設事業を受注したのは安全性で高い評価を受けたためだと、主要海外メディアが28日分析した。

  AP通信などによると、モハメド・アル・ハンマディ原子力公社(ENEC)最高経営者(CEO)は27日(現地時間)、「韓電コンソーシアムは安全に原発を建設・運営できる世界レベルの技術を保有しているため、原発事業者に選ばれた」と伝えた。

  ◇「安全性が最大の選定理由」=UAE原発事業を総括するハンマディCEOはこの日、アブダビで記者会見を行い、「韓電コンソーシアムが他社に比べて安全性部門で高い点を受けた」とし「原発を早期に建設するためのコンソーシアム企業間の有機的協力関係も重要な評価基準だった」と明らかにした。また「韓国コンソーシアムが過去30年間に蓄積した原発技術を積極的にUAEに伝授すると約束した点も選定理由の一つ」と付け加えた。

  ENECは今後、韓電と共同で原発を運営するための合併法人を設立する計画だ。また原発関連専門家を育成するために韓国への人材派遣を検討している。現地メディアは「驚くことに韓国が最後に勝利をつかんだ」とし「UAE政府が実用的な側面を考慮して選択した」と伝えた。

  ◇「水面下作戦で勝利」=世界各国の主要メディアは、韓国の受注を一斉に報じた。日本経済新聞は28日、「韓国コンソーシアム、アブダビ原発を受注」と題した国際面トップ記事で、韓国の原発受注の背景とその意味を分析した。同紙は「韓国が原発を受注したのは政府の強力な支援、価格競争力、蓄積された技術の3拍子がそろっていたため」と強調した。

  また李明博(イ・ミョンバク)大統領の積極的な努力が決定的だったと分析した。同紙は、李大統領がUAE側に「韓国と一度関係を結べば深く長続きする」と話すなど、受注のために総力戦を繰り広げた、と紹介した。

  英フィナンシャルタイムズ(FT)は「仏コンソーシアムが交渉序盤には先頭を走っていたが、結局、韓国が最終落札者に選ばれた」とし「原発建設に関心を持つ他の中東国家にも影響を及ぼすだろう」と報じた。

  米ニューヨークタイムズ(NYT)は電子版で「今年のエネルギー分野で最大規模の工事の一つであるUAE原発契約を受注するため、各国間で激しいロビー活動が行われていた」とし「李明博大統領とサルコジ仏大統領が積極的に動いていた」と伝えた。

  ◇韓国技術力は世界最高レベル=日本経済新聞は技術的にも韓国を高く評価した。資源不足を克服するため1978年に原発運転を開始し、現在20基の原発を保有しながら最高水準の技術力を確保したと説明した。韓国が施工まで責任を負う原発一貫建設を受注したのは初めてだが、その間、蒸気発生器など核心装置を輸出してきたため、すでに技術力が認められた状態だった、と伝えた。

  また同紙は、東芝・ウェスティングハウス(WH)が200億円を受け、韓電コンソーシアムに技術を提供することにしたが、主要技術はすでに斗山(ドゥサン)重工業が確保している、と報じた。

【ホットクリック】

・ <フィギュア>浅田真央、突然204点…「点を与える大会」という声も
・ 北朝鮮、外貨保有・使用全面禁止…保有外貨は没収
・ 海外メディア「韓国原発の安全性が勝負を分けた」
・ キム・ヨナ「韓国での試合が最も厳しい」
・ <野球>ヤクルトの林昌勇、年俸220%アップで契約更改
・ 「アイリス」撮影で観光客2倍に/秋田
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事