大邱で小学生が集団性暴行

大邱で小学生が集団性暴行

2008年04月30日15時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  小・中学校の男子生徒10人が小学生の女児3人に集団で性暴行をしたという申告があり、警察が捜査に入った。

  ハンギョレ新聞(28日付)によると、26日午後5時、大邱(テグ)西区の中学校のテニス場で、M学校の児童A(13)と近くの小学校に通うB(12)ら10人が、Cちゃん(9)ら小学生3人に性暴行を加えた。

  町内の先輩・後輩の関係であるこの10人は中学1年生と小学3-6年生で、一部は普段から被害を受けた児童と顔見知りであることが分かった。

  大邱西部警察署はAを呼び、事件の経緯を調査している。

  一方、父兄団体、全教組、女性団体で構成されている対策委員会が公開した資料によると、06年1学期から最近まで、同小学校5-6年の男子児童が、3-4年の男女児童に集団で性暴行、性的嫌がらせ、性暴行の強要など、性暴行を行ってきたという。

  昨年11月から男子児童の間で性器を触ったり、性的嫌がらせなどが広がり始め、教師らの話し合いで名前が挙がった加害・被害児童の数は100人を超えている。

  該当校と大邱市教育庁は昨年11月、こうした報告を受けたにもかかわらず、警察への申告や実態調査をせず、事件を隠してきたことが明らかになった。

  該当校は家庭通信文で父兄の注意を喚起させただけで、教師にこの問題を公開しないよう話していたことが確認された。

  対策委員会は30日午前10時、大邱市教育庁で記者会見を行い、学校における性暴行実態を公開し、警察に捜査を促した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事