「平昌スター」羽生のスケート靴、850万円で落札

「平昌スター」羽生のスケート靴、850万円で落札

2018年03月12日09時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)のフィギュアスケート男子シングルチャンピオンである羽生結弦の直筆サイン入りのスケート靴がオークションで850万1000円で落札された。共同通信は11日、この日に終わった東日本大震災チャリティーオークションで羽生のスケート靴が最終的にこの価格で締め切られたと報じた。インターネットオークションサイト「ヤフオク!」に出品したこのスケート靴は、羽生が愛用するエデア社の最上級製品で、値段は約7万5600円だ。オークションに出品された靴は羽生が練習をする時に実際に履いたもので、オークションに出しながらスケートの左右両側にサインを入れた。5日入札後に一時入札額が3500万円まで上がったが、いたずらとみられる入札が多数発見され、2度のやり直しを経た。

  羽生は東日本大震災の被害地域である宮城県仙台出身で、2011年地震当時練習中だったスケート場の氷板が割れてスケート靴を履いたまま避難したこともある。今回の競売の収益金は東日本大震災の被害地域における小中学校に備品や教材などを支援する費用に充てる。

  一方、羽生結弦は平昌冬季五輪以前から続いた足首の痛みで21~25日イタリア・ミラノで開かれる国際スケート競技連盟(ISU)世界選手権大会には参加しない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事