専用機で訪韓する金与正氏、あす文大統領と午餐

専用機で訪韓する金与正氏、あす文大統領と午餐

2018年02月09日08時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ロシア製IL-62機種である金正恩委員長の専用機「チャムメ1号」
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が10日、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長の妹である金与正(キム・ヨジョン)氏を含む北朝鮮高官代表団を公式面会する。

  キム・ウィギョム青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は8日「文大統領が10日、北朝鮮の高官代表団と面会して午餐を共にする予定」としながら「(これに先立ち)北朝鮮代表団は9日、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開会式に参加する」と明らかにした。

  青瓦台は午餐場所を明らかにしなかった。青瓦台核心関係者は「南北の間に協議する内容が多いため、(場所を含めて)確定し次第、順次に発表することにした」として「現在、板門店(パンムンジョム)チャンネルを通じて協議中だが、代表団が来て対面してこそ日程調整が早くなるだろう」と話した。

  外交街では面会場所と性格などが北朝鮮代表団が持ってくる金正恩委員長のメッセージによって変わる可能性があるという見通しが出ている。ある当局者は「場所が青瓦台になる可能性があるが、北朝鮮代表団がどのようなメッセージを持ってくるかを見て最終判断するだろう」と話した。

  青瓦台関係者はこの日「北朝鮮側が青瓦台訪問に負担を感じているわけではないと承知している」とした。文大統領は10日の午餐に先立ち、9日開会式場でも金与正氏と会う可能性が大きい。開会式に先立って大統領主催のレセプションには各国の最高級要人が招待対象なので北朝鮮からは代表団長である金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長のみ参加する。

  文大統領は10日午後9時10分に開かれる南北女子アイスホッケー合同チームの最初の競技であるスイス戦でも金与正氏をはじめとした北朝鮮代表団と会う可能性がある。

  9日午後1時30分に仁川(インチョン)空港に到着する予定だ。統一部当局者は「金正恩委員長の専用機は(米国の)対北朝鮮制裁対象でないと承知している」と話した。

  だが、2016年12月韓米両国が北朝鮮の「高麗航空」に対する制裁案を発表した時、米国財務省は「人権蹂躪の容疑で米国の制裁対象に入った金正恩氏も高麗航空のロゴが入った専用機を持っている」と指摘して今後問題になる余地がある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事