<サッカー>危機の韓国…FIFA世界ランキングで中国より下位に

<サッカー>危機の韓国…FIFA世界ランキングで中国より下位に

2017年10月17日08時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2017年10月16日は韓国サッカーの「恥辱の日」だ。韓国が国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで初めて中国に追い越された。単にランキングだけでなく、韓国サッカー全般にマイナスの影響が避けられない。

  16日に発表された10月のFIFAランキングで韓国は62位だった。先月(51位)から大幅に落ちた。中国(57位)よりも低い。中国は先月の62位から順位を5つ上げた。中国に抜かれたのはFIFAランキングが始まった1993年8月以降初めてとなる。

  韓国の10月のランキングポイントは588点と、9月(659点)に比べ71点も減った。最近の惨敗が影響を及ぼした。韓国は8日にロシアに2-4で、11日にはモロッコに1-3で敗れた。

  アジアサッカー連盟(AFC)所属ではイラン(34位)、豪州(43位)、日本(44位)、中国(57位)に続いて5番目だ。韓国は今年、Aマッチ8試合を行い、1回しか勝っていない。3月28日のロシアワールドカップ(W杯)最終予選でシリアに1-0で勝ったのが唯一の勝利だ。残り7試合は4敗3分け。中国(0-1敗)、カタール(2-3敗)にも負けた。

  歴代の対戦成績で韓国は中国に18勝2敗12分けと優位だ。しかし最近の対戦だったW杯最終予選では韓国が0-1で敗れた。韓国のランキングが落ちる間、中国は順位を上げた。

  中国はW杯本大会進出に逃したが、今年のAマッチ8試合は4勝2敗2分けだ。特に自国より上位の韓国(1-0勝)、ウズベキスタン(1-0勝)に勝っている。中国は今月だけでもランキングポイント62点を追加し、71点を失った韓国を上回った。

  FIFAランキングは毎月発表される。世界のFIFA加盟211カ国が対象であり、勝敗だけでなく試合の重要度や相手チームのレベル、大陸別レベルにより加重値が異なる。同じ1勝でも重要な大会で強い相手から得たものなら多くの点数を受ける。過去4年間のAマッチの結果を反映し、最近の試合であるほど配点が大きい。

  FIFAランキングの低下は韓国サッカーにマイナスの影響を及ぼす見込みだ。12月1日のロシアW杯本大会の組み合わせ抽選は今月のランキングを基準にシードを配分する。本大会32出場国をランキングに基づき1-4番ポットに8チームずつ配分した後、各ポットから1チームずつ選ぶ。韓国は最下位8カ国が属する4番ポットが確定し、上位ランカーと同じ組に入る。

  W杯を控えて強化試合の相手を探す過程でも難航が予想される。開幕を8カ月後に控えてFIFAランキング60位の韓国と強化試合をしようとする強豪チームを見つけるのは容易でない。さらにAマッチはテレビ中継権と広告、入場券販売など大韓サッカー協会の収入に直結する。サッカー協会の収入減少も避けられない。

  FIFAランキングの下落は選手の海外進出にも障害となる。イングランドプレミアリーグは50位圏外の国の選手はほとんど受け入れない。就労ビザ申請の基準として最近2年間のFIFAランキング1-10位国出身者はAマッチの30%だけ出場しても基準を満たすが、31-50位出身は75%以上出場しなければいけない。韓国のように50位圏外のチームはさらに厳しい移籍料基準まで適用する。

  キム・ホ元韓国代表監督(73)は「隣国の日本が2050年までにW杯優勝が可能な戦力に高めるという長期ビジョンを持って努力する間、我々は何もしていなかった」とし「韓国サッカーは協会と選手・指導者・ファン・メディアが力を合わせて刷新していく必要がある」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事