少女時代テヨン、ジャカルタ空港でファンに押されて転倒トラブル

少女時代テヨン、ジャカルタ空港でファンに押されて転倒トラブル

2017年08月18日09時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
17日、ジャカルタ空港の入国フロアで、ファンが殺到したことで転倒するなどしてトラブルに巻き込まれた少女時代のテヨン。
  少女時代のテヨンが海外の空港で殺到するファンに押されて転倒するトラブルに見舞われた。

  テヨンは海外プロモーションのため、今月17日午後、仁川(インチョン)国際空港を通じてインドネシア・ジャカルタに向けて出国した。ジャカルタ空港内部でテヨンの入国を待っていた多くのファンは、テヨンが入国フロアに姿を見せるとテヨンを一瞬にして取り囲んだ。

  テヨンはこの過程で殺到してきたファンに押されて床に転倒するトラブルがあった。現場にも警護員が配置されていたが、多くの人々が一気に押し寄せたことで統制がきかなくなったものとみられる。

  その後、ネット上には当時の現場の様子を写した写真と映像が載せられ、韓国ファンの怒りを誘った。公開された映像には、テヨンが両手で顔をかばった状態で警護員の案内を受けながら入国フロアを通り抜け、この後ろを大勢の人々が追いかけていく様子が克明に残されていた。

  テヨンはこれについて、インスタグラムを通じて長文の心境コメントを残した。

  テヨンは「ジャカルタ空港で多くの人波が集まり、足がもつれたり体もふらふらになったりとても危険な状況だった」とし「実際に床に転倒したまま体が震えて涙が止まらなかった。現地の警護員が危険に思い、私を後ろから立ち上がらせてくれたが、これすら非常に戸惑い驚いた」と打ち明けた。

  続いて「後ろから横からの絶え間ない身体接触によって緊張した状況だった。(そこに)秩序はなく、待って下さった方々の中にも私と同じように転倒してけがをした人もいるようで、私の心情は非常に良くない」とした。

  テヨンは「故意ではなかったのだろうが、その感じにも本当に戸惑うばかりで精神状態をしっかりと整えられなかった。このせいで久しぶりに到着したジャカルタの入国でみっともないところをお見せてしまった」とし「待ってくださっていたファンにとても申し訳ない。どうか、皆さんがケガをしないように秩序を守ってほしい。誰よりも愛情にあふれ情に厚く、互いに理解し合える皆さんですから、今日のことはハプニングとして考えたい」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事