<女子サッカー>韓日戦“1400人vs2万5000人”…「巨人との戦い」

<女子サッカー>韓日戦“1400人vs2万5000人”…「巨人との戦い」

2012年08月29日15時27分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女子サッカーU-20の韓国代表チーム。
  国際サッカー連盟(FIFA)女子サッカーU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)準々決勝に進出した韓国の相手は日本だ。 韓国は日本と30日午後、東京国立競技場で対戦する。

  日本は誰もが認める女子サッカー強国だ。 昨年、成人女子ワールドカップ(W杯)では世界最強の米国を破って優勝した。 2012ロンドン五輪でも米国に次いで銀メダルを獲得した。 しかも試合場所は日本のホームだ。 かろうじてU-20W杯に進出した韓国は最大の危機を迎えている。

  ◆1400人vs2万5000人

  日本女子サッカーの強さは層の厚さから生まれる。 日本は女子サッカー登録選手が2万5000人を超える。 実業リーグだけで1・2部合わせて22チームもある。 日本でプレーしているチ・ソヨン(20、INAC神戸)は「昨年のW杯で日本が優勝した後、日本代表選手の人気は急上昇した。 澤穂希選手ら中心選手はスポンサー企業がいくつもある。 リーグの観客も平均1万人にはなる」とし、韓国とは違う日本の環境を伝えた。

  これに対し韓国の現実は劣悪だ。 全レベルを合わせて65チーム、選手は1400人ほどだ。 2010年U-20W杯で3位になり、U-17W杯で優勝し、女子サッカーに対する支援約束などが続いたが、その後、変わったことはなかった。 むしろ小中高女子サッカー選手は次第に減っているのが実情だ。 ハン・ジュンヒKBS(韓国放送公社)解説委員は「高校とWKリーグ(実業リーグ)の掛け橋の役割をすべき大学サッカーチームが不足し、ユース選手も徐々に減っている」と指摘した。

  ◆また韓日戦、勢いに乗る韓国

  小人と巨人の戦いだ。 韓日U-20代表チームの対戦成績がこれを示している。 韓国は4敗1分けで日本U-20代表に一度も勝っていない。 2011AFC(アジアサッカー連盟)U-19選手権の準決勝でも1-3で敗れた。 当時、韓国は日本に敗れて4位に落ち、今大会のU-20W杯チケットを逃した。 しかし開催地のウズベキスタンが準備不足で非適合判定を受け、日本に開催地が変更されたことで、運よく韓国に本大会出場権が回ってきた。

  しかし韓国は今、勢いに乗っている。 1次リーグ初戦でナイジェリアに敗れた後、イタリアとブラジルをともに2-0で破った。 徐々に調子が上がっている。 1次リーグで3得点したチョン・ウンハと2010U-17W杯でMVPと得点王になったヨ・ミンジなど、エースの活躍を期待される。

  ‘韓日戦’であることも選手の闘志を刺激する。 ロンドンオリンピック(五輪)での朴種佑(パク・ジョンウ)の‘独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンス’で両国の感情が激しくなった状況での韓日戦。 オッパ(兄さん)たちに続いて勝利を伝えたいという気持ちは強い。 小人と巨人の戦いも結果はやってみなければ分からない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事