EXOベクヒョン、初のソロアルバム…米国iTunes含む世界66の地域で1位

EXOベクヒョン、初のソロアルバム…米国iTunes含む世界66の地域で1位

2019年07月11日15時35分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
EXOのベクヒョン
  ボーイズグループEXO(エクソ)のベクヒョン(SMエンターテイメント所属)が初のソロアルバム『City Lights』で絶大なソロ・パワーを立証した。

  今月10日に公開されたベクヒョンのファースト・ミニ・アルバム『City Lights』はiTunesで米国をはじめとし、カナダ、フランス、ドイツ、アルゼンチン、ブラジル、インド、アラブ首長国連邦、オーストラリア、オーストリア、ブルネイ、ブルガリア、カンボジア、チリ、コロンビア、コスタリカ、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ドミニカ共和国、エジプト、エストニア、バーレーン、フィンランド、ギリシャ、ホンジュラス、香港、ハンガリー、インドネシア、イスラエル、ヨルダン、カザフスタン、ラオス、リトアニア、ルクセンブルク、マカオ、マレーシア、モーリシャス、メキシコ、モルドバ、モンゴル、ナミビア、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ノルウェー、オマーン、アルメニア、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、カタール、ルーマニア、ロシア、サウジアラビア、シンガポール、スロバキア、スペイン、スリランカ、スウェーデン、スイス、台湾、タイ、トルコ、ウクライナ、ベトナムなど世界66の地域のアルバムチャートで1位を記録した。

  加えて先行予約が40万枚を突破し、発売前から高い関心を証明した今回のアルバムは、HANTEO(ハント)チャート、シンナラレコード、教保文庫、ホットトラックスなど韓国内の各種アルバムチャートのデイリーチャート1位はもちろん、中国最大の音楽サイトQQミュージックと酷狗音楽でもアルバム販売チャート1位を占め、リード曲『UN Village』も音楽サービスサイトVIBEで1位、Bugs!で2位(午前10時基準)を記録するなど好評を得ている。

  また、米国の有名メディア「ビルボード」は10日(現地時間)、公式ホームページを通じて今回のアルバムを紹介し、「ベクヒョンの感性的なボーカルが多様な感情を伝える」、「『UN Village』はグルーブ感のあるビートに乗せて広がるベクヒョンのボーカルが聞く人に彼が描写したことを体験しているように感じさせる」とベクヒョンのボーカルを称賛している。

  ベクヒョンは12日にKBS(韓国放送公社)第2テレビ『ミュージックバンク』と『ユ・ヒヨルのスケッチブック』、13日にMBC(文化放送)『ショー!K-POPの中心』、14日にSBS(ソウル放送)『人気歌謡』などの音楽番組に出演し、リード曲『UN Village』のステージを披露する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事