心配・期待の中できょう平昌五輪開幕…前日の3つの場面

心配・期待の中できょう平昌五輪開幕…前日の3つの場面

2018年02月09日08時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団が8日午後8時、、江陵アートセンターで最初の公演を開き、韓国の歌謡曲や西洋交響曲を演奏した。歌手が最初の曲「パンガプスムニダ(会えてうれしいです)」を歌っている。芸術団の2回目の公演は11日にソウルで行われる。(写真=共同取材団)
  オリンピック(五輪)開幕前日の8日、平昌(ピョンチャン)はトランプ米政権の「最大限の圧力戦略」と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長の「最高の魅力攻勢」がぶつかる政治の舞台となった。平昌五輪よりも平和または平壌(ピョンヤン)五輪が浮き彫りになる状況が続いている。五輪をきっかけに核の保有が認められる正常国家を目指す北朝鮮だが、その解決法をめぐり韓米同盟と南北関係が衝突するという懸念もある。韓半島(朝鮮半島)がどこへ向かうのか、平昌は不安と期待が交わる現場となっている。

  ◆軍事パレード

  北朝鮮は8日午前、平壌の金日成(キム・イルソン)広場で建軍節の軍事パレードを行った。約1万3000人の兵力と「火星14」型、「火星15」型など従来の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級ミサイルを動員した。金委員長は「侵略者らが神聖な我が祖国の尊厳と自主権を0.001ミリでも侵害したり弄ばないようにする」と演説した。北朝鮮は軍事パレードを韓国と国際社会を相手に核武力を誇示する宣伝の場として活用してきた。今回も軍事パレードを欠かさなかった。ただ、北朝鮮は軍事パレードを生中継してきた前例とは違い、録画で放送して公開の程度を調節した。

  ◆北朝鮮芸術団の公演

  午後8時、江陵(カンヌン)では玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長が率いる北朝鮮芸術団(三池淵管弦楽団)の公演が行われた。平昌五輪には前夜祭がなく、この行事が前夜祭の性格を帯びた。北朝鮮体制を守るという音楽政治先鋒隊の芸術団が五輪前の祝賀公演の主役になったのだ。三池淵(サムジヨン)管弦楽団は「パンガプスムニダ(会えてうれしいです)」など北朝鮮の曲とともに「あなたにはわからない」 「男は船、女は港」など韓国の歌謡曲を演奏した。しかし公演会場の江陵アートセンターの入口では太極旗(韓国の国旗)を持った保守団体の会員と統一旗(韓半島旗・朝鮮半島旗)を持った進歩団体の会員が対立した。

  ◆米副大統領の訪韓

  米国代表団は「最大限の圧力」カードを持って韓国を訪れた。トランプ大統領のメッセンジャーとして訪韓したペンス副大統領は青瓦台(チョンワデ、大統領府)で文在寅(ムン・ジェイン)大統領を表敬訪問し、「最も重要なのは韓半島の非核化」と強調した。ペンス副大統領は「米国は最大限の圧力のために韓国と肩を並べて努力する」とも述べた。訪韓の目的が北朝鮮との接触ではなく「ムチ」であることを示した。青瓦台は「文大統領とペンス副大統領が最大限の制裁と圧力を通じて北を非核化のための対話に引き出すという原則を再確認した」と伝えた。

  ◆金正恩委員長の妹が文大統領と昼食へ

  北朝鮮はこの日、金正恩委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)氏を含む高官級代表団が開会式が開かれる9日の午後1時30分に専用機で仁川(インチョン)空港に到着すると明らかにした。金与正氏一行は開会式の現場にすぐに移動する。翌日、金与正氏は文大統領と共に昼食をとる。地球村の耳目が開会式の日から五輪よりも金与正氏に集中する可能性が大きい。

  選手たちではなく北朝鮮が平昌の舞台の主人公として映ることに懸念も出ている。千英宇(チョン・ヨンウ)韓半島未来フォーラム理事長は「北がショーを盗んで、我々は場所だけを提供した」と主張した。一方、鄭成長(チョン・ソンジャン)世宗研究所統一戦略研究室長は「過去とは違う局面を迎えていて、南北対話を構築するという側面では確実に意味がある」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事