韓国輸入食品、4年間で25%増加…日本産は36%減少

韓国輸入食品、4年間で25%増加…日本産は36%減少

2016年01月06日13時31分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  輸入加工食品や農畜産物が増加している中、日本産の輸入食品は東日本大震災の影響により最近4年間で30%以上減少したことが分かった。

  6日、韓国食品医薬品安全処の「2015輸入食品等の検査年報」によると、2014年は159カ国から55万4177件の食品を輸入するという申告があった。2014年の申告件数は2010年(44万1530件)に比べ25.5%増加した。

  最近5年間の国別輸入申告状況をみると、中国(22.4%)、米国(41.4%)、オーストラリア(12.6%)、フランス(40.8%)などからの食品輸入は増加したが、日本からの輸入は36.3%も減少した。

  特に、日本産輸入食品の申告は2010年6万606件(全体件数の13.7%)、2011年4万3832件(9.3%)、2012年3万6313件(7.7%)など、2011年を起点に大幅に減少した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事