オバマ政府、日本通を人選する(2)

オバマ政府、日本通を人選する(2)

2008年12月09日12時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  オマバ氏が財務長官に指名されると日本メディアのタカハシコウスケさんは、アジアタイムスに「日本に同情的なガイトナー氏が就くことになったようで幸い」という内容の文を書いた。タカハシさんは「1997年、アジア金融危機時、アジア通貨基金を設置しようとした日本の計画をつぶしたローレンス・サマーズ氏が財務長官に指名されず、日本は安心している」と書いた。

  ホワイトハウス安保補佐官に内定したジェイムス・ジョーンズ前北大西洋条約機構(NATO)軍司令官は79~84年、海兵隊大隊長として日本の沖縄に勤めた。商工会議所傘下21世紀エネルギー研究所責任者である彼は、今年の5月、柳井俊二元駐米日本大使と日本人企業家、環境活動家などを招待した席で「米国と日本は政治・経済・軍事的同盟国なので両国が心を合わせて気候変化問題を解決しなければならない」と語った。

  米国の16の情報機関を統括する国家情報局(DNI)局長として有力なデニス・ブレア前太平両軍司令官は日本、韓国事情に明るいアジア専門家だ。日本で米艦隊を指揮した彼は日本政府から勲章も授与されている。オバマキャンプから韓半島チーム長として活動し、ジョー・バイデン次期副統領側近であるフランク・ザヌーシ氏は日本の慶応大学客員教授を務めた。同氏は副大統領室かホワイトハウス国家安保会議で働くものとみられる。

  米議会では日系2世で上院議員8選を誇るダニエル・イノウエ(84、民主、ハワイ)が上院で最大の委員会である歳出委員長を務める。昨年、下院で可決された日本軍慰安婦決議案を強力に反対するなど日本のためなら火水もいとわない彼が、予算審査権をもつ歳出委員長に内定されることにより、米議会に対する日本の影響力は広がるものと予想される。

オバマ政府、日本通を人選する(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事