【社説】駐韓米国大使にビクター・チャ氏が内定、北核危機の正面突破を

【社説】駐韓米国大使にビクター・チャ氏が内定、北核危機の正面突破を

2017年12月12日16時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  我々は米戦略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャ韓半島担当部長が駐韓米国大使に内定されたことを歓迎する。チャ氏が米大使に任命されるには議会の聴聞会を経なければならない。この関門を通過すれば11カ月間も空いていた米大使の空席が満たされることになる。北核危機でいつにもまして緊密な韓米疎通が必要な時期に主要対話ルートの一つがかろうじて復元されるわけだ。格別な意味があるということだ。

  彼が博学な韓半島専門家という点も北核解決に大きな資産だ。チャ氏はジョージ・ブッシュ大統領時代である2004年12月、ホワイトハウス国家安保会議(NSC)補佐官を務めて以来、ずっと韓半島問題を取り扱ってきた。金正恩(キム・ジョンウン)政権が米国本土を脅威する核を搭載した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の完成を目の前にした中で最高の適任者が来ると言える。

  聴聞会を通過する場合、彼はソン・キム(現、フィリピン大使)氏以降2番目に韓国系米大使となる。もちろん、彼の体の中には韓国人の血が流れるが、彼は米国の利益を代弁する米国大使だ。しかし、韓国としては韓国系に親しみを感じるほかはない。チャ氏が韓米を結束させ、北核問題を解決することに多いに貢献するものと思われるからだ。懸念されるのは彼が比較的に対北朝鮮強硬策を好むという事実だ。チャ氏はセカンダリーボイコット、中国の対北朝鮮原油供給の中断など強力な制裁措置を取ってこそ北核問題が解決されるという信念を持っている。彼がこのような所信を実行に移すなら対話を通した北核解決を望む韓国政府と摩擦を起こすかもしれない。

  幸いにもチャ氏は他の意見にも耳を傾けることができる合理的な人だと知られている。真剣な討論を通じていくらでも合理的な合意を引き出すことができるということだ。政府もチャ氏が一日も早く韓国に赴任し、無事に定着できるように力を貸すべきだろう。それが遠ざかった韓米関係を改善する近道の一つであることは言うまでもない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事