<W杯サッカー>JTBC、韓国-カタール戦の視聴率2.754%

<W杯サッカー>JTBC、韓国-カタール戦の視聴率2.754%

2012年06月09日11時10分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  JTBCが独占生中継した韓国-カタールの2014ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選第1戦の視聴率は2.754%だった。

  視聴率調査専門機関AGBニールセンメディアリサーチによると、9日未明(以下、日本時間)に放送された韓国-カタール戦の有料放送世帯の視聴率は2.754%と調査された。

  地上波中継のAマッチが少なくとも10%台の視聴率を記録してきた点を考えると低い数値だが、試合が深夜の時間帯に行われた点、キックオフまで一日も残っていない時点で中継権交渉が妥結し、広報時間が不足した点などを考慮すれば、それなりに意味のある結果という評価だ。

  昨年11月に韓国の深夜の時間帯に行われた韓国-レバノンのワールドカップ3次予選の地上波中継視聴率は16.3%だった。

  JTBCは12日午後8時から京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)総合運動場で行われる韓国-レバノンのW杯最終予選第2戦も生中継する予定。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事