【旅行】アマチュア写真家なら3月には必ず行きたい韓国・安山の豊島

【旅行】アマチュア写真家なら3月には必ず行きたい韓国・安山の豊島

2017年03月03日14時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
3月になるとアマチュア写真作家を誘惑する安山豊島の豊島ハクサンイチゲ
  京畿道安山(キョンギド・アンサン)大阜島(テブド)の前にある小さな島、豊島(プンド)。アマチュア写真作家には「3月に必ず行くべき場所」の一つに挙げられている。豊島ハクサンイチゲのためだ。豊島ハクサンイチゲは福寿草や梅とともに春を知らせるメッセンジャーだ。辺山(ピョンサン)ハクサンイチゲと似ているが、2009年に別種であることが確認されて「豊島ハクサンイチゲ」という名称を獲得した。豊島漁村体験プログラムを運営するミン・ヒョンシクさんは「今週末(3月3~5日)に花が開き始め、3月中旬にピークを迎えると思う」とした。

  豊島はその名前とは違い、農地が少なく干潟もなく、その上海産物も豊かではない。当初、楓が多いということで楓島(プンド)と呼ばれたが、日清戦争で勝った日本が自分たちに馴染みやすいようにと豊島に変えてしまった。豊島ハクサンイチゲが外部に知られるようになってからは島の風景は一変した。春になれば豊島ハクサンイチゲをはじめ、福寿草やユキワリソウ、マルミノウルシなどを探しに人々が集まる。野生花の島として名声を得て、釣り師が集まり、リュックサックを背負ったバックパッカー(Backpacker)も訪れるようになった。

  これでようやくその名の通り豊かな島になったが、残念な部分もある。急斜面の日の当たる場所に自生する豊島ハクサンイチゲを多くの人々が撮影し始め、自然がき損されつつある。島の人々は訪問客に3000ウォン(約296円)の入場料を取って自然環境の保護に使っているが、これも苦肉の策に過ぎない。最大限に自然を傷つけないようのに楽しむ配慮が訪問者側にも必要だ。

  豊島へは仁川(インチョン)沿岸旅客ターミナルから1日1本、船が出ているのでこれに乗る。午前9時30分に出発して午前10時30分に大阜島パンアモリ港に少しの間寄港するので、大阜島でも船に乗ることができる。船は島に入るとすぐに引き返すので、どちらにしてもここで一夜を明かさなくてはならない。島には民宿が10余軒ほどある。島を離れる船は午後12時に出発し、来た時と同じように大阜島パンアモリ港に寄港してから仁川へ向かう。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事