【時視各角】現代自動車とサムスン電子も震えている(1)

【時視各角】現代自動車とサムスン電子も震えている(1)

2017年05月25日09時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国でしっかり使える水準の携帯電話が出るとすぐに韓国ではこれを「大陸の失敗」とばかにした。こうして笑っている間に中国は大きく変わった。独自の技術力とコストパフォーマンスを掲げ韓国企業を猛烈に追撃してきた。経済力は米国に次ぐ世界2位になり、物価も大幅に上がった。10ドルだった足マッサージが30ドルに上がったが、さらに上がれば中国人の足マッサージは過去の思い出になるかもしれない。

  こうした桑田碧海は造船・鉄鋼・電機電子・情報技術・半導体・自動車をはじめ韓国が得意だと自負してきた全産業で起きている。サムスンのスマートフォンは1-3月期に中国で中国メーカーに押され8位に急落し、シェア3.1%の「マイナー」に転落した。最近会ったサムスン電子関係者は「記録的収益を上げているが3年後の未来が見えない」とため息をついた。

  少なくとも自動車は違うとうぬぼれる人が多いだろう。とんでもない話だ。2万個の部品の技術力集合体のため中国が性能はまねられても安全に対する信頼とブランド人気は得にくいものと考えるだろう。だがそれは慢心であり錯覚だ。技術力と市場は異なるためだ。技術を握った中国はいま快哉を叫んでいる。昨年から中国国産車の攻勢に苦しめられてきた現代自動車が今年に入ってさらにふらついている。

  中国車にこうした機会を提供したのは高高度防衛ミサイル(THAAD)配備にともなう韓流バッシングだった。1-3月期の現代自動車の中国工場販売実績は前四半期比46%減った。半減だ。この隙を利用した中国車の市場掌握は勢いがある。現代自動車がありったけの力をふりしぼるが当面は流れを変えるのは難しそうだ。

  中国乗用車市場の上位は外国ブランドが主導している。フォルクスワーゲンとゼネラルモーターズ(GM)が合弁会社を通じて1~4位を占め、現代・起亜自動車がこれに挑戦してきた。中国の自動車メーカーは大小合わせて50社に達する。これらメーカーは乗用車、スポーツ多目的車(SUV)、バスを作り中国車トップ10競争を激しく行っている。長安、上海、東風、一汽、北京、広州、吉利が代表的で、万里の長城から名前を取った長城は中国最大のSUVメーカーとして君臨している。

【時視各角】現代自動車とサムスン電子も震えている(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事