「IKKOが推薦するなら…」 日本人観光客の絶対信頼ガイド(2)

「IKKOが推薦するなら…」 日本人観光客の絶対信頼ガイド(2)

2009年04月01日16時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  IKKOは19歳から27歳までヘアデザイナーとして活動し、その後メイクアップアーティストに領域を広め、女優を担当した。 放送には40歳で入門している。 斬新なヘアデザインとメイクアップスタイルで‘美のカリスマ’を発展させたという評価を受けている。 日本のテレビ番組や各種ファッション雑誌でビューティーライフを紹介し、日本人女性を引きつけた。

  数年前に韓国大衆文化にはまった後、自分も知らないうちに‘韓流伝導師’になった。 IKKOが推薦した美容商品は1週間以内にヒットする。 日本の放送で韓国BBクリームを紹介した後、明洞(ミョンドン)一帯の化粧品販売は急増した。 日本人女性はその間、色調化粧に情熱を注いできたが、最近は‘皮膚美人’が多い韓国に接しながらスキンケアに注目している。 韓国化粧品に対する日本人女性の関心はその延長線上にあり、IKKOはそのブームを増幅させた。

  IKKOは「私の人生は韓国なしでは考えられない」などの友好的な発言で韓国を日本に知らせるのに大きな役割を果たした。 韓国観光公社は先月27日、IKKOを「韓国観光名誉広報大使」に委嘱した。 委嘱状を受けたIKKOは「職業上、韓国をよく訪れるが、いつも土地から感じられる強烈さが五感を刺激するのが韓国」とし「雑菜(チャプチェ)・キムチなどの韓国食品だけでなく、日本より進んだ角質除去など皮膚の美容技術も好き」と話した。

  IKKOは7年前に韓国を訪問した際、オンドル部屋に魅力を感じたほか、ドラマ「冬のソナタ」にもはまったという。 1月には韓国化粧品ブランド「ザ・エチュードハウス」の韓国モデルとして専属契約を結ぶなど、韓国ビジネスにも情熱を注いでいる。 IKKOは「自分の意思をもう少し正確に伝えるために韓国語の個人教習も受けている」と話した。 海峡を越えたIKKOの熱情に心を開くのは日本人女性だけではないはずだ。

「IKKOが推薦するなら…」 日本人観光客の絶対信頼ガイド(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事