北朝鮮軍が40発の銃撃も…韓国側は対応射撃せず(2)

北朝鮮軍が40発の銃撃も…韓国側は対応射撃せず(2)

2017年11月15日09時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ◆韓国側の対応

  この過程で韓国軍の対応射撃はなかった。北朝鮮が停戦協定を違反すれば韓国は軍事停戦委員会を通じて抗議し、是正を要求できる。

  軍事停戦委は協定当事者の国連司令部から5人、北朝鮮と中国軍側の5人で構成される。軍関係者は「交戦守則には、脅威を受けた場合は比例的に対応するという原則がある」とし「我々の哨兵が銃撃を受けず、銃撃が瞬間的に終わったので問題はない」と主張した。しかし国会国防委員会で自由韓国党の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)議員は「北側が我々の方に銃を撃ったが、これに我々が応射していれば、北の亡命兵士の負傷も軽くなっていたはずだ」と指摘した。宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は「瞬間的に発生したものであり、状況が持続していれば判断して応射をしただろう」と答えた。

  南北間の軍事対峙はJSA警備大隊が午後3時56分ごろJSA南側「自由の家」の北西側で倒れた亡命兵士の身柄を確保し、約20分で終わった。当時、韓国軍大隊長ら3人が味方の援護の下、地面を這うように接近し、亡命兵士を20メートルほど引きずって安全地域に移した。亡命兵士は腹・肩・太ももなどに7発の銃弾を受け、うち5発を取り出した状態だ。宋永武長官は国防委で「重体だが、命は助かりそうだ」と述べた。

  ◆翌日に変わった合同参謀本部の説明

  事件発生直後の13日、合同参謀本部は「亡命兵士がMDLを越える場面を目撃した人はいない。北の射撃がJSA南側地域まで飛んだ被弾の跡は発見できなかった」と発表した。こうした説明は翌日、事実ではないことが明らかになった。宋長官は国会での答弁で「亡命過程をすべて観測していた」と述べた。その一方で乱射した事実などは公開しなかったということだ。

  「(弾丸が南側地域に越えた)被弾の跡はあったのか」という鄭鎮碩議員の質問に対し、宋長官は「ある」と答えた。軍関係者は「宋長官の発言は断定的なものではなく、可能性があるという趣旨」と釈明した。

北朝鮮軍が40発の銃撃も…韓国側は対応射撃せず(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事