【社説】ポンペオ訪朝直前にいつも訪中する金正恩委員長

【社説】ポンペオ訪朝直前にいつも訪中する金正恩委員長

2018年06月20日10時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が昨日再び中国を訪れた。3月末と5月初めに続いでこれで3回目だ。中朝首脳間の交流史上、珍しいことだ。中国メディアも異例の金委員長の北京到着を1時間も経たないうちに報じた。かつて安全問題を考慮して北朝鮮指導者が帰国した後に報道していた慣行を破った。金委員長の訪中規模はさらに拡大し、李雪主(リ・ソルジュ)夫人の他に、崔竜海(チェ・ヨンヘ)国務委副委員長、朴奉珠(パク・ボンジュ)首相、金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長も含まれた。中国側からは習近平国家主席と彭麗媛夫人、李克強首相、王滬寧政治局常務委員、王岐山国家副主席などが出席し、厚い中朝友誼を誇示した。

  金委員長は習主席との会談で「米朝首脳会談で合意した事項を一つ一つ実現していけば非核化の新たな局面を迎えるだろう」と述べた。北朝鮮が主張する段階的かつ同時的な非核化方案を再び明らかにした。習主席は一貫した韓半島(朝鮮半島)の非核化支持が中国の立場であるとし、これに関連して建設的な役割を果たしていくと明らかにした。中国が韓半島問題で疎外される「チャイナパッシング論」を一蹴し、主導的な役割を果たすという意欲とみることができる。

  金委員長の訪中に関連して注目するべきことがある。これまで3回の訪中がすべてマイク・ポンペオ米国務長官の訪朝直前に行われたという事実だ。金委員長の1回目の訪中から3日後に、2回目の訪中後はその翌日にポンペオ氏が訪朝した。ポンペオ氏は早ければ今週にも米朝首脳会談で合意した共同声明を具体化するための3回目の訪朝を行う予定だ。

  現在の非核化状況は中国のロードマップ通りに進んでいる傾向がある。北朝鮮の核・ミサイル試験の中断と韓米合同演習の中断を交換する中国「双中断」の主張に応じるように、韓米は昨日、韓半島の全面戦争を仮定した代表的な訓練「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)」を一時保留すると発表した。8月に予定されたUFGは韓米同盟の核心装置の一つだっただけに、韓米が難しい決定を下したといえる。ポンペオ氏はまた、北朝鮮の完全な非核化の対価として停戦協定を平和協定に切り替えるとするトランプ大統領の意向を明らかにした。これは非核化プロセスと平和体制交渉の並行推進を求める中国の「双軌並行」主張と一脈相通ずる。

  これからは北朝鮮が誠意を見せなければならない番だ。金委員長が習主席と会って意見を一致させるべき事項は、韓半島の平和と繁栄のためにどうすれば早期に非核化を達成できるか、にならなければならない。米国は非核化初期措置に関連し、北朝鮮に核兵器廃棄対象リストを作成して提示することを求めている。完全な非核化を約束した金委員長が決断を下さなければならない。その本気度が疑われるような時間稼ぎは困る。中国もまた、制裁の網目を大きくして北朝鮮の非核化意志を弱めてはならない。金委員長の3回目の訪中が北朝鮮非核化を加速させる重要なマイルストーンになることを期待する。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事