アシアナとターキッシュエアラインズ機の衝突事故、どちらが悪い?

アシアナとターキッシュエアラインズ機の衝突事故、どちらが悪い?

2018年05月16日14時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今月13日、トルコ・イスタンブールのアタテュルク空港で発生したアシアナ航空旅客機とターキッシュエアラインズ旅客機の衝突事故はどちらが悪いのか。

  この日、アシアナ航空エアバスA330機は午後5時30分ごろ、離陸のために滑走路に移動する途中で右翼部分をターキッシュエアラインズ・エアバスA321機の垂直尾翼をぶつけてそのまま通り過ぎた。当時の監視カメラの映像を見ると、ターキッシュエアラインズ機は停止しているように見える。

  トルコ有力日刊紙のデイリー・サバーなどは「衝突事故に遭ったターキッシュエアラインズ機は他の航空機よりもゲート後方に(30メートルほど)はみ出ていたものとみられる」と報じた。

  韓国国土交通部の関係者は、朝鮮日報に「同空港にある3種類の誘導線のうち、アシアナ航空は黄色の誘導線に従って移動することになっているが、別の線に沿って移動していたか、移動ルートを外れていれば、アシアナの責任がより大きいと考えられる」と述べた。

  一方、国土部は事件調査のために航空鉄道事故調査委員会の調査官を現地に派遣した。国土部は正確な結果が出るまでには6カ月以上かかると伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事