<平昌五輪>「平和五輪」と「平壌五輪」の分かれ道で(2)

<平昌五輪>「平和五輪」と「平壌五輪」の分かれ道で(2)

2018年02月08日16時46分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  引き続き、平昌五輪ボランティアメンバーの処遇に対する問題が浮上した。ボランティアメンバーを事実上、奴隷のように扱ったという主張だ。期待以下の食事や宿舎、シャトルバスの配車に対する不満が絶えず提起され、一方で「ボイコット」の可能性を取り上げられたりもした。

  これに協会と連盟が油を注いだ。大韓スケート連盟と大韓スキー協会は五輪を控えて公共の敵になった。無能な行政が核心だ。スピードスケート選手ノ・ソニョンの五輪出場過程をめぐる論争、ショートトラック選手シム・ソクヒ暴行事件、スキー代表チームの五輪出場挫折など、開催国が天に向かって唾を吐くような事件が相次いだ。アルパインスキー選手など20人余りがデモを行う状況まで起きた。また、まともな訓練場がなかったカーリング代表チームなど太極マークを胸につけた選手たちが被害を受けなければならなかった。

  北朝鮮が平昌五輪参加を確定し、北朝鮮をめぐる話題が平昌を支配した。韓国政府は「平和五輪」と自画自賛したが、国民はそのように受け止めなかった。開会式での南北合同入場行進から女子アイスホッケー南北合同チームまで、不信の五輪にする立役者となった。五輪は公正な競争を通じて選抜された選手たちに限って許される舞台だ。北朝鮮はただ乗りし、この被害は韓国選手に戻ったという評価だ。疎通しなかった一方的通知。4年間五輪を準備してきた女子アイスホッケー代表チームの選手たちは「平和のスケープゴート」になった。スポーツのフェアプレイ精神を崩す政治介入だと国民は声を高めた。このような状況から出た李洛淵(イ・ナクヨン)首相の「女子アイスホッケーはメダル圏外」という慎重でない発言。国民は爆発した。

  北朝鮮選手団と関係者が登場すると北朝鮮の顔色をうかがって北朝鮮に特典を与えるような印象を植え付けた。北朝鮮は堂々と共和国旗をつけるのに韓国はできない場面も登場した。「北朝鮮が先だ」という言葉が広がっている理由だ。

  韓国の歴代2番目の五輪は最悪の雰囲気から始まる。平和五輪という感動、あるいは平壌(ピョンヤン)五輪という屈辱の分かれ道から出発する。

<平昌五輪>「平和五輪」と「平壌五輪」の分かれ道で(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事