北朝鮮軍が40発の銃撃も…韓国側は対応射撃せず(1)

北朝鮮軍が40発の銃撃も…韓国側は対応射撃せず(1)

2017年11月15日09時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
(1)13日午後3時14分 北朝鮮軍3人板門閣前の道路から北哨所方向に移動する様子を観測(2)午後3時15分 亡命推定の北朝鮮軍1人、車両突進後に下車(3)軍事境界線(MDL)南側に逃走(4)北側哨所方向から現れた1人含む北朝鮮軍4人が追撃及び射撃(5)午後3時31分 韓国軍、MDLから50m離れた南側地域で亡命者を識別(6)午後3時56分 韓国軍兵力の厳護の下、大隊長ら3人歩伏前進で近づき亡命者を確保(7)自由の家の後方に20m移動(8)午後4時4分 亡命者をヘリポートに護送→午後4時45分亜洲大病院到着
  13日に北朝鮮兵士が板門店(パンムンジョム)共同警備区域(JSA)を通じて亡命する過程で、南北兵力が対峙する一触即発の状況が発生していたことが分かった。

  北朝鮮軍がJSA内で拳銃だけを携帯できるという停戦協定を破り、AK自動小銃を拳銃とともに40発以上乱射し、重武装兵力をJSA後方に集結させながら生じたことだった。韓国側の対応射撃はなかった。

  1953年7月31日の停戦協定追加合意事項によると、「軍事停戦委の双方成員は民事警察を歩兵銃と拳銃で武装する」となっている。歩兵銃は引き金を引くたびに銃弾1発以上を発射できる武器で、北朝鮮が今回使用したAK自動小銃のような自動式武器を含まない。

  ◆北朝鮮軍4人が銃撃

  複数の政府消息筋によると、事件当日の13日午後3時15分ごろ、JSA北側からジープ1台が軍事境界線(MDL)方向に突進してきた。亡命兵士が運転するジープだった。このジープはMDL北側10メートル地点で排水路に車輪がはまり、動けなくなった。ジープを運転していた亡命兵士が車から降りてMDL南側に向かって走ると、北朝鮮側の板門閣側から追いかけてきた北朝鮮軍3人が哨所から出てきた1人と合流し、亡命兵士に向かって照準射撃をした。北朝鮮軍は停戦協定を破ってAK自動小銃を動員し、40発以上の銃撃を加えた。

  軍関係者は「北の軍が亡命を防ぐためにMDLを越えたのか、亡命兵士がMDLの南側にいても銃撃を続けたのかはまだ確認中だが、JSAに銃弾が越えてきたのは初めて」と話した。韓国軍と米軍からなるJSA警備大隊はこの日午後3時35分ごろ、全員武装して事件発生地域に投入された。JSAの警備は国連軍司令部が担当し、警備大隊長は米軍だ。

  板門店一帯を担当する陸軍第1軍団は1級警戒態勢に入り、配下の第1師団の増援兵力はJSA後方で待機した。また、空軍は哨戒飛行中の2機のKF-16を第1軍団地域の上空に急派し、追加で2機のF-15Kを緊急出撃できるよう武装した状態で待機させた。JSA付近で軍事対峙状況が発生したのだ。

北朝鮮軍が40発の銃撃も…韓国側は対応射撃せず(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事