サムスン電子、「フォーブスが選ぶブランド価値」世界10位に復帰

サムスン電子、「フォーブスが選ぶブランド価値」世界10位に復帰

2017年05月25日09時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスン電子が米国経済専門紙フォーブスが選び、23日に発表した「世界の最も価値あるブランド」ランキング10位に再び登場した。サムスン電子は2015年に7位に入るものの翌年には11位に押し出されたことがある。ブランド価値は382億ドル(約4兆2600億円)で昨年より6%上昇した。

  フォーブスは個別企業の過去3年間の平均収益を基にグローバル企業200社のブランド価値を評価してランキング形式で発表している。1位はアップルで、ブランド価値は10%増となる1700億ドルを記録した。アップルは過去7年間連続で1位を維持し、2位のグーグル(1018億ドル)に比べて67%も価値が高かった。

  3位から9位まではマイクロソフト(870億ドル)、フェイスブック(735億ドル)、コカ・コーラ(564億ドル)、アマゾン(541億ドル)、ディズニー(439億ドル)、トヨタ(411億ドル)、マクドナルド(403億ドル)の順だった。現代車も昨年71位から3ランクアップした68位を記録した。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事