3Dで韓流スターに出会う「メディアアート・プラットフォーム」オープン

3Dで韓流スターに出会う「メディアアート・プラットフォーム」オープン

2017年03月03日13時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先端ホログラム映像と各種メディア体験施設を備えたメディアアートの空間が光州(クァンジュ)広域市でオープンした。光州文化財団は2日、「ホログラム専用劇場とメディア体験コンテンツを備えた『メディアアート・プラットフォーム』が1日、光州南区(ナムグ)ビッゴウル(光の村)市民文化館の一帯にオープンした」と明らかにした。メディアアートとは、映像と芸術・科学技術などを活用した現代芸術のジャンルだ。メディアアート・プラットフォームは光州にメディアアートを中心にした観光・レジャーの基盤を構築するために20億ウォン(約1億9800万円)を投じて作られた。空間別には▼ホログラム劇場▼メディア遊び場▼ホログラムファサード▼メディアアートアーカイブ▼メディア338▼デジタル・ギャラリー--など6つの空間で作られた。この中でホログラム劇場は、目の前に実際のような3次元立体映像を観覧する空間だ。韓国のアイドルグループ2PMとワンダーガールズ、GOT7などK-POPコンサート、人気のあるウェブゲームをリメークしたミュージカル『メイプルストーリー』、名画で人体の秘密を科学的に探求する教育コンテンツ「人体の神秘」などが再現されている。「メディア遊び場」はメディアアートを活用した遊び型体験空間だ。

  光州文化財団のキム・ジョンリュル事務局長は「メディアアート・プラッフォームは2014年12月、『メディアアート創意都市』に選ばれた後、光州市が重点的に推進してきた事業」とし、「持続的な技術開発とコンテンツ制作などを通して世界的なメディアアート都市の土台を作っていきたい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事