黄禹錫博士チーム、チベタン・マスティフ17匹を複製

黄禹錫博士チーム、チベタン・マスティフ17匹を複製

2008年06月18日10時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  スアム生命工学研究院は黄禹錫(ファン・ウソク)博士が中国の絶滅危惧種で、一般に獅子犬と呼ばれているチベタン・マスティフ17匹のクローニングに成功したと17日、発表した。

  研究院によると複製されたチベタン・マスティフは今年4月、6匹の代理母から計17匹が生まれた。クローン犬と原本のDNA検査はコジェンバイオテックが行い、その結果、クローン犬と一致することが確認された。

  

★ 注目記事 日本のうわべだけ見て学ぶものはないと? 日本のスター脚本家7人が韓国ドラマを執筆
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事