正恩氏「米国の戦勝国のような態度は受け入れられない」

正恩氏「米国の戦勝国のような態度は受け入れられない」

2018年05月16日13時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金正恩北朝鮮国務委員長(写真=青瓦台写真記者団)
  16日、北朝鮮が南北高官級会談を突然無期限延期する中、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が今月7・8日に中国大連で習近平国家主席と会った席で「米国が『永久的核廃棄(PVID)』を要求していることに関連し、米国が戦勝国のような態度を見せている」と不満を吐露していたことが分かった。

  金委員長との会談直後、習主席はドナルド・トランプ米国大統領との電話会談で「米国が北朝鮮の合理的な安保懸念を考慮するよう願う」と助言した。

  北朝鮮が23日から行われる豊渓里(プンゲリ)核実験場廃棄の現場に記者団だけを招待すると明らかにしたことについて、米ホワイトハウスと国務省が外部専門家の参観が必要で具体的な検証手続きが並行されるべきだとの立場を明らかした。北朝鮮は豊渓里の査察問題を米国とやりとりする「取引」時のカードとして残している反面、米国は取引の余地を遮断して専門家の査察を許容するよう攻勢的な圧迫を加えているのだ。これについて金委員長の不満が爆発したとの分析もある。これにより、一部ではこの日未明の北朝鮮の南北高位級会談中止の知らせは、南側への警告的な意味もあるが、米国への警告という意味も相当あるとの評価が出ている。

  これに伴い、核廃棄に対する具体的な検証措置をめぐり、北朝鮮-米国が交渉力を高めるために来月12日の首脳会談直前まで再度緊張局面に入る「北核ジェットコースター情勢」が繰り広げられる可能性が提起されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事