韓国空軍のステルス戦闘機導入で米国vs欧州が受注戦

韓国空軍のステルス戦闘機導入で米国vs欧州が受注戦

2011年07月04日10時46分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の挑発を抑止するための戦力として2016年ごろ導入される韓国空軍のステルス級戦闘機確保事業(次期戦闘機FX事業)に、米国と欧州の戦闘機事業者が参加する意向を表し、激しい競争を始めた。空軍が目標とするステルス級戦闘機60機の導入には約10兆ウォン(約7500億円)の予算が投入されるため、戦闘機事業者にとっては魅力的な市場だ。

  韓国空軍のFX事業を獲得するため競争に乗り出したのは3社。F15SE(サイレントイーグル)を製造するボーイング社、F35(ライトニングII)を開発したロッキード・マーティン、ユーロファイタータイフーン(改良型)を製造する欧州航空防衛宇宙産業(EADS)。

  EADSとボーイング社は先月28日、延世(ヨンセ)大東西問題研究院が主催した第14回航空宇宙力国際学術会議で事業への参加を公式宣言した。

  特にEADSは韓国に販売する60機を3段階に分けて生産する意向を公式的に明らかにした。「第1段階で10機はヨーロッパで組み立てて韓国に引き渡し、第2段階では24機の最終組み立てを韓国でする」とし「最後の第3段階の26機は韓国で生産される部品で韓国で製造する」と提案した。EADSの提案通りなら、空軍がユーロファイターを選定する場合、韓国はステルス級戦闘機のライセンス生産が可能になるということだ。米ボーイング側も核心技術の移転が可能だとし、機種選定競争に加わった。

  韓国空軍と防衛事業庁は10兆ウォンの予算が投入されるステルス戦闘機導入事業の契約会社を来年10月に選定、発表する予定。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事