北朝鮮、核実験を継続か…「豊渓里西側坑道の掘削は続いている」

北朝鮮、核実験を継続か…「豊渓里西側坑道の掘削は続いている」

2018年01月12日08時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が今後の核実験のために豊渓里(プンゲリ)核実験場の西側坑道で掘削活動を行っていると北朝鮮専門家が分析した。

  米国ロスアラモス国立研究所(LANL)の核実験専門家フランク・ファビアン氏らは11日(現地時間)、北朝鮮専門メディア「38ノース」への寄稿文で、豊渓里核実験場を撮影した商業用人工衛星写真を分析した結果についてこのように説明した。

  ファビアン氏らは「昨年12月いっぱい、西側坑道の入口周辺でトロッコと作業している人々が目撃され、掘り出した土を積んだ土砂が顕著に増えた」と明らかにした。また、昨年12月28日に撮影された衛星写真を見ると、西側坑道入口に約9台のトロッコがあり、土砂の上には新しい道ができたように見えると伝えた。

  核実験場南側支援団地では、100~120人ほどの人が7つのグループを作っている様子も捉えられた。

  ファビアン氏らは「このような活動は北朝鮮が豊渓里核実験場で今後の核実験の可能性を維持するために引き続き努力しているということを示す」と評価した。

  一方、昨年9月6日の核実験を含めて北朝鮮がこれまで実施した6回の核実験のうち、5回の試験が行われた北側坑道側ではどのような活動も確認することができなかったと伝えた。

  38ノースは前日、韓半島(朝鮮半島)専門家でロシア科学アカデミー東方学研究所のアレクサンドル・ボロンツォフ教授の言葉を借りて、北朝鮮当局者が米国との戦争の可能性について非常に真剣に悩んでいると報じていた。

  ボロンツォフ教授は、昨年11月中旬に平壌(ピョンヤン)を訪問して北朝鮮の外交役人と米朝間の戦争の可能性について話を交わし、その時の様子を「彼らは戦争がいつ起きるかの問題だけが残った、当然の手順として受け入れている」と伝えた。

  北朝鮮官僚はまた「ドナルド・トランプ米国大統領が北朝鮮に対して先制攻撃に出る可能性が日増しに高まっている現実を韓国人は正しく理解できていない」とし「北朝鮮はこのような幻想にとらわれていない」と強調したと、ボロンツォフ教授は伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事