<W杯>日本、韓国が果たせなかったアジア初の南米チーム制圧

<W杯>日本、韓国が果たせなかったアジア初の南米チーム制圧

2018年06月20日10時02分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本がワールドカップ(W杯)の舞台で、アジアのチームでは初めて南米のチームから勝利をつかんだ。

  日本は19日(以下、日本時間)、ロシア・サランスクで行われた2018年ロシアW杯グループリーグH組第1戦でコロンビアを2-1で破った。W杯でアジアのチームが南米チームに勝利したのは初めて。

  1966年に北朝鮮がチリと1-1で引き分け、アジアのチームと南米のチームの対決が初めて実現して以来、一度もアジアのチームは南米チームに勝てなかった。韓国は1986年にアルゼンチン(1-3)、1990年にウルグアイ(0-1)、1994年にボリビア(0-0)、2010年にアルゼンチン(1-4)、ウルグアイ(1-2)と対戦したが、敗戦または引き分けだった。

  2014年ブラジルW杯グループリーグでコロンビアに1-4と大敗した日本はこれで雪辱を果たし、同時にアジアのチームのうち初めて南米チームとの対戦で勝利を記録した。

  香川真司は日本メディアのインタビューで「4年前の試合は忘れることができない。みんなで一緒にコロンビアに勝ててうれしい。4年前の経験がプラスになった」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事