iPhoneX出撃…海外メディア「サムスン・LG製品も劣らない」

iPhoneX出撃…海外メディア「サムスン・LG製品も劣らない」

2017年09月14日15時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「スティーブ・ジョブズに捧げる献辞だ」。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が12日午前10時(現地時間)、米カリフォルニア州クパチーノの「スティーブ・ジョブズ・シアター」の舞台に立つと、聴衆の拍手が起こった。クックCEOはこの日、戦略スマートフォン「iPhoneX」「iPhone8」「iPhone8 Plus」を発表した。アップル創業者の名前をつけた「スティーブ・ジョブズ・シアター」は、米カリフォルニア州サンフランシスコから約1時間の距離にあるクパチーノのアップル新本社アップルパーク内にある。

  まだアップル本社は移転していないが、この日の行事のためにスティーブ・ジョブズ・シアターだけが先にオープンした。この日の関心はアップルがiPhone発売10周年を迎えて発表した「iPhoneX」に集中した。10年前の2007年1月、ジョブズはサンフランシスコの「マックワールド」行事でiPhoneの最初のモデルを公開した。iPhoneXのモットーは「未来との遭遇(Say hello to the future)」だ。アップルの技術を総結集したためか、前作のiPhoneに比べてはるかに速く、鮮明になった。しかし価格はそれだけ高くなった。

  最も目を引くのは、スマートフォンの象徴のようだったホームボタンがなくなった点だ。iPhoneXは5.8インチのディスプレーに枠のないデザインが適用され、カメラとセンサーが入る一部を除いてすべてディスプレーで覆われている。このためアップルは顔認識機能「フェイスID」を搭載した。3次元の顔認識技術を通じて、同じ人でもさまざまな表情や角度で見える顔を認識でき、赤外線センサーを利用して暗いところでも機能すると、アップル側は説明する。

  アップルはiPhoneXを通じて本格的な「拡張現実(AR)時代」を予告した。AR実現に欠かせないジャイロスコープ(回転認識センサー)と命令処理速度を30%向上させたA11BionicチップセットがiPhoneXに搭載された。iPhoneXはサムスンの携帯電話用OLEDを導入した最初のiPhoneでもある。バッテリー使用時間はiPhone7に比べ2時間増えた。1つの充電マットにフォン・スマートウォッチを同時に置いて充電できる「エアパワー」は来年発売される。しかしiPhoneXがiPhone10周年を記念する野心作としては惜しまれるという評価もあった。米情報技術(IT)メディアCNETのライブブログには「誇張されている」「印象深さがない」などと消費者の酷評も多かった。

  歴代スマートフォンのうち最も高い999ドル(約113万ウォン、64GV)のiPhoneXは韓国では約130万ウォン(約12万7000円)台で販売される予定だ。早ければ12月初めに韓国で発売される。

  CNETは21日に韓国市場で正式発売されるサムスン電子のギャラクシーノート8とLGエレクトロニクスのV30を比較し、「歴代最強級iPhoneであるのは事実だが、ギャラクシーノート8とV30も劣らない」と評価した。3社の戦略スマートフォンはすべて優れているだけに、結局、消費者にどのポイントが受け入れられるかによって市場の反応が分かれると予想される。

  歴代ノートシリーズのうち最高予約販売量を更新したギャラクシーノート8は「Sペン」を強調している。Sペンは文章翻訳と金額・長さ・重さなど単位変換が可能なほど実用性を強化した。SペンでGIF(動くイメージファイル)を作って共有することもできる。

  V30は圧倒的なカメラ機能でiPhoneXとギャラクシーノート8を圧倒する。1600万画素の一般レンズと1300万画素の広角レンズで構成されたデュアルカメラが最大のポイントだ。前作のV20のようにオーディオ機能も強化した。雑音を減らしたハイファイQuad DAC技術が適用されている。LGは14日から全国移動通信会社の代理店と直営店でV30の予約販売に入る。5日間で65万台に達したギャラクシーノート8の予約販売は14日まで続く。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事