【時視各角】サムスン・現代の競争心が招いた危機(2)

【時視各角】サムスン・現代の競争心が招いた危機(2)

2015年07月22日09時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  まず指摘される理由が、適正価格でない最低価格入札により落札企業が苦痛を甘受するようにする韓国の慢性的な「限界価格入札文化」に慣れており、低価格発注に対する拒否感が少ないという点。そのため自分たちだけの寡占リーグですらまともな価格を得られないことを当然視しているのではないかとの疑問が提起される。だが、それよりは「公然の秘密」がある。サムスンと現代の過度な競争意識だ。

  業界関係者は、彼らの入札過程を見ると、不利な条件でも受注し競合企業には譲らないという形で不利なペナルティもすべて抱えて死を決して決断するのだ。「競合企業を差し置いてわれわれが受注しました」という報告を称賛する企業文化が価格を放棄させているということだ。一例として受注企業に大きな打撃を与えたノルウェーのゴリアテFPSOやオーストラリアのゴルゴンガス田などは、発注国の厳しい海洋規定や事情変更と頻繁な設計変更などで納期が遅れる苦しみを味わった。事前に発注先を相手に細かくペナルティ条項を盛り込み、リスク分担条件を自分たちに有利に引っ張ってきたなら莫大な損失を抱えることはなかったということだ。どうせ韓国でなければ製作するところはないのに、「花見劫」を発注会社に握らせたのだ。

  これに対し、企業オーナーが乗り出して受注ではなく価格と条件をしっかりと詰めて「低価格受注禁止」の方針でも明らかにしなければならないとの指摘が出る。もちろん談合はだめだが、今回受注したら次の入札には参加しないという日本式の商道義でも習ったらどうだろうか。今年5月までで世界の船舶発注額は前年比3分の1水準に大きく減ったほど市場状況は最悪だ。この危機を、企業自らが過当競争を終わらせ、「競争心」の代わりに「競争力」を育てる時間として活用すれば良いだろう。

  ヤン・ソンヒ論説委員

【時視各角】サムスン・現代の競争心が招いた危機(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事