【NOW!ソウル】春の花を探して…仁寺洞の路地裏へ

【NOW!ソウル】春の花を探して…仁寺洞の路地裏へ

2018年04月10日14時04分
[Copyright(c) KONEST]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
伝統的な家屋が多く残る仁寺洞(インサドン)。ショッピングや食べ歩きのほか、チマチョゴリを着ての散策にもってこいです。
  伝統的な家屋が多く残る仁寺洞(インサドン)。ショッピングや食べ歩きのほか、チマチョゴリを着ての散策にもってこいです。

  *続きは左の「写真拡大」をクリック。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 伝統的な家屋が多く残る仁寺洞(インサドン)。ショッピングや食べ歩きのほか、チマチョゴリを着ての散策にもってこいです。
  • 全長約700mほどのメインストリートから右に左に路地がのびており、そぞろ歩けば昔ながらの雰囲気に浸れます。
  • 大通りの喧騒から離れたところで、桜が穏やかに咲き誇っています。
  • 路地の突き当たりにある「耕仁(キョンイン)美術館」の「伝統茶院」では春の庭を眺めながらテラスでお茶も。
  • 伝統家屋のある風景は絶好の写真スポット。カメラを片手に仁寺洞散策をしてみてはいかがでしょうか?