【時視各角】グッドコップ、バッドコップ、中国コップ=韓国(1)

【時視各角】グッドコップ、バッドコップ、中国コップ=韓国(1)

2017年12月12日14時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)政府発足直後、「6月中旬の北朝鮮特使派遣、9月の韓米首脳会談」という主張が台頭していたことがある。だが、文大統領は「まず韓米首脳会談」にこだわった。続いて先発隊としてワシントンにやってきたのが文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官。文特別補佐官は「北朝鮮が挑発をやめれば韓米軍事演習を縮小するかもしれない」という爆弾発言をした。中国が主張する「双中断」と同様の、意図的な発言だった。公式には話しにくいことを文特別補佐官が首脳会談前に米国でさく烈させてバッドコップ(bad cop・悪役)を引き受け、その10日後に大統領はこれを円満に収拾してグッドコップ(good cop)になった。成功した戦略だった。

  文大統領の訪中(13日)を前にして、その時とは余りにも異なる様相が最近広がっている。グッドコップ、バッドコップの役割分担はなく、皆が中国の顔色を伺う「中国コップ」になっている。

  政界の実力者という李海チャン(イ・ヘチャン)議員。李議員は今月7日、「文大統領と中国の習近平国家主席は立場が同じ双中断で、『双軌並行』にも共感している」と述べた。双軌並行は韓半島(朝鮮半島)非核化プロセスと米朝の平和協定交渉の並行を意味する。ここで深読みするべき点は2つ。

  第一、韓国の北朝鮮政策と合致しているかどうかだ。まずは双中断。北朝鮮の核・ミサイル挑発は違法だ。韓米防御演習は適法だ。同列で「ディール」はできない。それが韓国の立場だ。次に双軌並行。北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)を相次いで発射させているのに、待っていましたとばかりに韓半島の平和交渉を論じることはできない。その上、平和協定は在韓米軍撤収と深い関わりがある。韓米同盟の根幹を揺るがしかねない主張だ。それでも青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「個人の意見」と言って縮小解釈しながら声を潜める。政府の方針とは違うのに、政府筋の誰も李議員に警告や注意を与えたという話は聞かなかった。それどころか大統領訪中に堂々と同行までする。おかしなことだ。

【時視各角】グッドコップ、バッドコップ、中国コップ=韓国(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事