韓国政府、国際機構を通じて800万ドルの北朝鮮人道支援を検討

韓国政府、国際機構を通じて800万ドルの北朝鮮人道支援を検討

2017年09月14日15時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国統一部
  韓国政府が国際機構を通じて北朝鮮に800万ドル(約8億8400万円規模)の支援を行う方案を推進する。国際機構を通した政府の北朝鮮支援は2015年12月に国連人口基金(UNFPA)の「社会経済人口および健康調査事業」に80万ドルを支援して以来21カ月間中断されたままだ。

  14日、統一部当局者は「ユニセフとや界食糧計画(WFP)など国連傘下の国際機構の要請により、800万ドルを支援する方向で、21日に予定された交流協力推進協議会で協議する予定」と述べた。

  政府が検討しているのは▼WFPの児童・妊産婦対象の栄養強化事業に450万ドル供与▼ユニセフの児童・妊産婦対象のワクチンおよび必須医薬品、栄養失調治療剤事業に350万ドル供与--などだ。この当局者は「具体的な支援内容および推進時期などは南北関係の状況など諸条件を総合的に考慮して決める」とし「通常は原案通り進められる場合がほとんどだが、手直しする場合もあり、前もって何かを話すことはできない」と述べた。

  今回の支援が決定すれば、文在寅(ムン・ジェイン)政府になって初めての北朝鮮支援となる。また、国際機構を通した北朝鮮支援は2015年12月UNFPAの「社会経済人口および健康調査事業」に80万ドルを支援して以来、21カ月ぶりの再開となる。

  国際機構を通した北朝鮮支援は保守政府の時も続いていたが、昨年1月の北朝鮮の4回目の核実験以降は中断されたままだった。政府が北朝鮮の6回目の核実験など挑発が続いている一方で、北朝鮮支援を積極的に検討しているのは「北朝鮮人道的支援は政治的状況と関係なく推進する」という原則に従ったものだ。21日の北朝鮮支援をめぐっては激しい議論があるものをみられる。

  朴槿恵(パク・クネ)政府もこのような原則があったが、4回目の核実験以降は「支援規模や時期などは総合的に考慮して検討していく」という但し書を付けて支援しなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事