【社説】金正恩体制の脆弱性を表した張成沢処刑

【社説】金正恩体制の脆弱性を表した張成沢処刑

2013年12月14日10時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が張成沢(チャン・ソンテク)前国防委員会副委員長を処刑した。北朝鮮は一昨日、特別軍事裁判を開き、張成沢に国家転覆陰謀罪を適用して死刑を宣告し、直ちに執行したと、朝鮮中央通信が昨日報じた。労働党政治局拡大会議で「反党・反革命宗派分子」という烙印を押され、現場で逮捕されてから4日目だ。米国政府が論評したように、北朝鮮政権は張成沢の速戦即決式処刑を通じて「極めて残虐(extreme brutality)」な素顔を見せた。恐怖が金氏王朝体制を支える形態であることを世界に確認させた。

  張成沢の衝撃的な処刑は、金正恩(キム・ジョンウン)一人支配体制を固めるための意図とみられるが、逆説的に金正恩体制の脆弱性を傍証しているとみられる。「白頭血統」に対する挑戦は決して許されないということを確実に示さなければならないほど、金正恩唯一領導体制がまだ不安定な状態だと見なすことができる。これは北朝鮮が公開した判決文からも確認できる。判決文は、張成沢が内閣総理になった後、軍隊を動員して政変を起こし、最高権力を奪取しようとする陰謀を計画し、本人もこれを認めたと明らかにした。金正恩体制に不満を抱く勢力が党と軍、内閣にわたり広範囲に存在していることを傍証するものだ。

  さらに危機状況を自認する格好となった。判決文によると、張成沢は「国の経済実態と人民生活が破局的になっていくにもかかわらず、現政権はいかなる対策も出せないという不満を軍隊と人民が抱くよう試みた」と自白した。また「経済が完全に停滞し、国家が崩壊直前になれば、私がいた部署とすべての経済機関を内閣に集中させて私が総理になろうとした」と述べた。金正恩体制の実質的なナンバー2だった張成沢さえも、北朝鮮体制の持続の可能性に疑問を抱いたということだ。

  金正恩の極端な恐怖政治は、当分は権力の強化に役立つかもしれないが、深刻な副作用が避けられないとみられる。粛清の危機にある張成沢勢力だけで2万-3万人にのぼると推測されている。生命が脅かされる追い詰められた状況になれば極端な選択もとりうるのが人間だ。こうした人々が自分に刃先が向けられても抵抗しないとは考えにくい。体制強化のための金正恩の選択が、むしろ体制不安を増幅させる逆効果をもたらす可能性がある。金正恩が危険な賭けをしたとみる理由だ。

  張成沢が逮捕された時は、まさか叔母の夫を処刑することはないだろうという観測が多かったが、予想は完全に外れた。30歳の指導者が率いる金正恩体制では、常軌を逸脱したいかなることも可能という意味だ。大乱を触発するかもしれない急変事態から、関心の外部転換と対内結束を狙った対南・対外挑発まで、政府はあらゆる可能性を開いておき、周辺国と緊密に協議しながら、徹底的に緻密に備えなければならないだろう。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事