韓国経済、半導体まで…輸出42%増発表した日に「2トップ」株価が下落

韓国経済、半導体まで…輸出42%増発表した日に「2トップ」株価が下落

2018年07月24日08時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「不安定な好況」を迎えている半導体が今月も韓国経済の輸出を牽引した。関税庁によると、今月1-20日の輸出は328億ドル(約37兆1100億ウォン)と、前年同期比9.3%増加した。半導体の輸出額は前年同期比42.2%増の64億2400万ドル(約7280億円)と、今月の輸出額全体の20%を占めた。乗用車(-1.7%)、船舶(-75.8%)が減少している中で不動の1位だ。

  しかし好況が終わるのではという懸念の声が高まっている。この日、SKハイニックスとサムスン電子の株価が同時に下落した。SKハイニックスは前日比7.05%(6200ウォン)安の8万1700ウォンで取引を終えた。サムスン電子も前日比2%(950ウォン)値下がりして4万6500ウォンとなった。

  目を引くのは外国系機関の売りが続いている点だ。サムスン電子株はUBS・CS・ゴールドマンサックス・メリルリンチなど売り、モルガンスタンレーはSKハイニックス株を売った。

  メリッツ総合金融証券はこの日、SKハイニックスの実績が今年7-9月期から下降すると予想した。来年の営業利益を19兆ウォンと予想した。これを受け、目標株価を10万8000ウォンから8万9000ウォンに引き下げ、投資意見は「買い」から「中立」に下方修正した。サムスン電子の今年7-9月期の営業利益も8%減少すると予想した。

  過去最大実績を更新してきたサムスン電子の実績は今年4-6月期に停滞した。最近発表したサムスン電子の4-6月期の売上高(暫定)は前年同期比4.92%減少し、営業利益は5.19%増加した。1-3月期と比較するとそれぞれ4.23%減、5.37%減。

  今月26日に実績公開を控えたSKハイニックスは4-6月期、過去最大(四半期別)水準の営業利益(5兆2600億ウォン)が予想されている。しかし今後が問題だ。

  不安感の主な理由は、過去2年間にわたり好況だったNAND型フラッシュメモリーとDRAMの価格下落だ。市場調査会社DRAMエクスチェンジによると、昨年12月に9.6ドルまで上がっていたDRAM(DDR4 8Gb 2133/2400MHz)価格は6月末に8.6ドルまで落ちた。6カ月連続の下落だ。

  昨年9-10月に14.3ドルだったNAND(256Gb 32x8 MLC)価格も6月末基準で13.3ドルに落ちた。ハナ金融経営研究所のイ・ジュワン研究委員は「国内半導体実績は『価格効果』が絶対的であるだけに、価格が下がれば輸出額も大きく減少する」と述べた。

  供給は増える。ひとまず中国の追撃が激しい。その間、システム半導体に注力してきた中国が年末にNAND型フラッシュメモリー(32段)の量産に成功すれば、NAND型フラッシュメモリー価格は全体的に下落するしかない。中国がまだ追いつけない高級製品の供給も増える。国内企業が次々と増設しているからだ。増設は供給が需要に追いつかない状況で進められたが、価格下落に影響を与えるしかない。

  SKハイニックスは3次元(3D)NAND型フラッシュメモリー専用工場の忠清北道清州(チョンジュ)「M15」工場を9月に早期完工する予定だ。すでに半導体生産装備の入庫も終わったという。サムスン電子も京畿道平沢(ピョンテク)、中国西安などにある半導体工場を増設している。SKハイニックスは4月、「(M15工場が稼働すれば)年間NAND型フラッシュメモリー(72段3D)供給量が40%以上増加する」と明らかにした。

  メリッツ総合金融証券は下半期にサムスン電子の供給量が前年同期比24%、SKハイニックスは23%増加すると予想した。メリッツ総合金融証券のキム・ソンウ研究員は「DRAMのサイクルを見ると、後発走者の市場シェアや利益に対する意欲、トップ企業の需要見通しに対する過信が価格下落を招いた」とし「需要は安定的に増加しているが、下半期の業況鈍化は避けられない見通し」と分析した。

  漢陽大融合電子工学部のパク・ジェグン教授は「メモリー半導体は6カ月分の物量をあらかじめ注文するため、上半期の実績は昨年下半期の効果と見ればよい」とし「下半期に供給が増えれば価格が下がるしかなく、これは下半期以降の実績に影響を与えることになるだろう」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事