「韓国の盤亀台岩刻画、人類が記念する価値ある」

「韓国の盤亀台岩刻画、人類が記念する価値ある」

2014年09月23日14時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
アルフレッド・コンティ氏
  蔚山広域市蔚州の盤亀台岩刻画(国宝第285号)を世界文化遺産として登録するには何をしなければならないのか。世界遺産の評価・監視専門家でありユネスコ文化遺産プロジェクト諮問委員を務めるアルフレッド・コンティ氏(61)は「韓国人全員の持続的な関心と責任意識がカギ」と述べた。

  24日にソウル国立古宮博物館で開かれる「蔚州大谷川岩刻画群国際シンポジウム」でテーマ発表をするため訪韓したコンティ氏は、「世界文化遺産の登録はその国の喜びであると同時に、全人類とその遺産を共有する義務を負うという点を忘れてはならない」と強調した。

  アルゼンチン出身のコンティ氏は現在、国際記念物遺跡会議(ICOMOS)副会長で、2010年1月に世界遺産暫定目録に登録された「大谷川岩刻画群」に大きな関心を表した。ICOMOSは世界遺産を登録して管理する国際的専門家の非政府組織(NGO)でありユネスコ公式諮問機構。公人ではなく個人の立場で出す意見であることを前提に、コンティ氏は盤亀台岩刻画の水位変化問題に関心を持っていると述べた。

  「暫定目録に登録されたが、蔚州岩刻画群が人類が記念するほど卓越した普遍的価値を持っているのか、また固有の哲学的な力と完全さを持続的に維持するのか疑問だ。泗淵ダムの水位調節問題などで岩刻画が周期的に水に浸ることになれば、岩刻画の保存だけでなくその全体風景、すなわち全景が破壊されるおそれがある。岩刻画群は文化遺産と自然遺産が一つになった珍しい複合遺産だが、その強みをうまく生かせる解決策を見いだすことを望む」。

  コンティ氏は岩刻画が世界遺産に登録された後に韓国が得る多様な効果を説明すると同時に、経済的・社会的利益を享受することに伴う代価も忘れてはならないと助言した。

  「世界遺産に登録されれば世界的に認められる一級遺産を持つ国として、それにふさわしい評価を受けることになる。国家認知度が上がるだろう。その時点からその遺産は韓国に属するものではなく、人類と共有することになるため、世界の人々と分け合うということを銘記する必要がある。世界遺産がそのほかの賞と違う点だ。もちろん世界に広報され、観覧客が増え、観光収益が増えるだろうが、それによる環境問題などは甘受しなければならない」。

  韓国は今年6月に「南漢山城」が登録されたことで、石窟庵や宗廟など計11件の世界文化遺産を持つ国となったが、持続可能な保存と活用対策などに脆弱だといわれてきた。

  それでもコンティ氏は「韓国は政府機関である文化財庁と民間団体であるICOMOS韓国委員会の間の協力関係がどの国よりも強く、未来の可能性が大きい」と評価した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事