ボーイングが高価格を提示…大統領新専用機の購買を事実上中断

ボーイングが高価格を提示…大統領新専用機の購買を事実上中断

2010年09月30日10時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国政府が2014年までに大統領専用機(新型指揮機)を購買する事業を事実上中断したと29日、確認された。

  防衛事業庁の関係者は「企業が提示した大統領専用機の価格が事業予算をはるかに超過し、今年4月からレンタルして使用中の専用機よりも経済性が落ちる」とし「事業の中断が避けられなくなった」と明らかにした。

  軍消息筋は「政府は5000億ウォン(約380億円)程度で購買できると予想したが、ボーイング側がこれよりはるかに高い価格を提示したと聞いている」と話した。

【ホットクリック】

・「韓国部品の品質・納期、日本と差はない」
・「日本企業が10年かかった技術、韓国は3-4年で習得」
・「キム・ジョンウン氏、金正男氏を暗殺しようとした」
・「日本の長寿企業のように韓国でもスモールジャイアンツ現れる」
・ボーイングが高価格を提示…大統領新専用機の購買を事実上中断
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事