【コラム】「まねたい国、韓国」という南米の賛辞(1)

【コラム】「まねたい国、韓国」という南米の賛辞(1)

2015年05月15日11時54分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  外から見る韓国は、世界的に比類なき成功と繁栄の道をつくってきたというのが事実のようだ。産業化の汗と民主化の血、そしてここに共通で入っている涙で作った歴史がそうだ。

  先月20日夕方、朴槿恵(パク・クネ)大統領の南米歴訪の2番目の国ペルーの大統領による招請晩餐であった。オジャンタ・ウマラ大統領は在韓ペルー大使館に武官として勤めた経験があったからなのか、韓国についての生き生きとした記憶を基に晩餐の辞を述べた。ウマラ大統領は韓国を「(飛び)越えることはできなくても、本当に模倣し、まねたい国」として「韓国の大統領と歴代最大規模の歴訪チームがペルーを訪問したことについて心から感謝する」という言葉で乾杯の挨拶を続けた。

  本当に気持ちの良い話だったが、どういうわけか負担になったのも事実だ。内需と輸出の活力喪失、円安現象にともなう輸出企業の収益性悪化、経済活性化法案1つも処理できない政界など、国内の難しい事情を思い出したためだ。

  韓国には産業化と民主化の勢力があり、共に類のない成果を成し遂げる過程で得たのもあり失ったものもある。幸いなのは、ほかの国の人々が羨むような繁栄と成功を成し遂げたということだ。それが韓国の運命であり歴史だ。外では韓国のこのような産業化・民主化の過程をまねたいというが、中ではどの勢力も相手をまねたいとは言わないから、それも世界で類のないことであるのは明らかだ。

  今こそ韓半島(朝鮮半島)内外の状況を直視し、ひたすらほかの国の人々が本当に羨む韓国の未来のために取るべきものはすべて取り、捨てるべきものは捨てなければならない。どんな勢力にも国民の生存権を揺るがす権限と資格が与えられていないことを知るべきだ。

【コラム】「まねたい国、韓国」という南米の賛辞(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事