「アカ」「積弊の象徴」…戦場になった朴正熙銅像寄贈式(1)

「アカ」「積弊の象徴」…戦場になった朴正熙銅像寄贈式(1)

2017年11月14日17時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ソウル上岩洞の朴正熙記念図書館で朴正熙元大統領銅像寄贈式が開かれた13日、同じ時間に行事場所の前で進歩団体の会員たちが銅像建立反対デモをしている。銅像の実物はこの日に渡されなかった。
  朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の誕生100周年を一日前に控えた13日、彼を眺める複雑な民心を反映するかのように現場も微妙だった。

  政界は静かだった。この日午前、ソウル麻浦区(マポグ)の朴正熙大統領記念図書館で開かれた朴正熙銅像寄贈式には政党からの出席はなかった。麻浦を地方区にする共に民主党の盧雄來(ノ・ウンレ)議員が銅像の建立に反対するために現場を訪れたことがある。

  100周年当日(14日)も大きく変わらない。自由韓国党は別途の行事を行わないと明らかにした。洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が10日、大邱(テグ)で開かれた「朴正熙元大統領誕生100周年記念トークコンサート」に参加したことに代わり、党舎に李承晩(イ・スンマン)・金泳三(キム・ヨンサム)元大統領と共に朴正熙元大統領の写真を掲げると言ったのが全部だ。民主党や国民の党・正しい政党・正義党も行事はない。自由韓国党の鄭晋錫(チョン・ジンソク)議員が場所を予約して国会で「偉大な朴正熙の国家跳躍精神継承国民決意大会」が開かれるのが唯一の国会内で行われる行事だ。決意大会では1970年代、青瓦台(チョンワデ、大統領府)司正秘書官を務めた検察出身の李健介(イ・ゴンゲ)弁護士と朴元大統領の経済顧問を歴任したペク・ヨンフン韓国産業開発研究院長が講演を行う。

  13日に寄贈式が開かれた朴正熙大統領記念図書館前の階段では大声と悪口が聞こえた。階段の上では朴元大統領を支持する保守団体200人余りが、階段の下には朴元大統領に反対する市民団体100人余りが集まっていた。警察は階段を間に置いて対立した両側のもみ合いを阻止したが、声までは防ぐことができなかった。

  「アカXXよ、誰のためにこの国が発展したのか。直ちに北朝鮮に出て行け」「朴正熙は旧日本軍に加担した親日手先だ。積弊清算の象徴、朴正熙銅像に反対する」

  60~70代に見える彼らは「朴正熙閣下の生誕100周年」「従北左派は退け」などのスローガンが書かれたピケを持って朴正熙銅像の建立を歓迎した。朴正熙銅像は高さ4.2メートル、重さ3トンの青銅材質だ。

「アカ」「積弊の象徴」…戦場になった朴正熙銅像寄贈式(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事